2017年9月 4日 (月)

新顔ポポ

ひと月ほど前からキジトラのオスが顔を見せるようになった。外猫に出すご飯の匂いを嗅ぎつけたようである。朝晩食事に来る近くの飼い猫ラッキーと柄がそっくりなので、最初はラッキーと見間違えていたが、ラッキーはしっぽが見事にないのに、新顔は長いしっぽの先が曲がっている。区別するためにシッポと呼んでいたが、それがポッポになり、ポポに定着した。ガツガツとよく食べる。完全な野良ちゃんのよう。手足が大きいからさらに大きな猫になりそう。あごの尖った顔も今に丸いデカ顔になりそう。コトン母さんは友好的だが、他のオスたちは嫌って、ご飯時になると騒ぎになる。しかし近頃はポポが真っ先に顔を出してご飯にありつき、平和主義の先住者たちは時間差で姿を見せるようになった。

Cimg0077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

おしゃべり猫とむっつり猫

どうしてこうも対照的なのでしょう。同じ腹から生まれた兄妹とはとても思えません。オスのホースケは猫には珍しく足長で、細く、足長おじさんと綽名されている。名を呼ぶとニャーニャーとうるさいほどよく返事をします。一方メスのミックの体形はデブデブのどっしり、いまや横坐りするとおっぱいも横に垂れ下がる有様。滅多に声も出しません。お腹が空けば、足元にすり寄るか、餌場の食器の前でひたすら無言で待つだけ。どうしてこうも対照的なのでしょう。同じ腹から生まれた兄妹とはとても思えません。

そういえば2匹のお父さん猫はおしゃべりで、面倒見のいいビックサイズ、コトン母さんはとても用心深くて、ほとんど声を出さない、スモールサイズ。コトン母さんは自分にない遺伝子をしっかりと選んだわけだけど、オスとメスでこうもはっきりと分かれるとは…
1454667948906

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

自作猫句15

Img003

読んでいる新聞記事に坐る猫

 

沈黙が猫の欠伸で救われる

 

猫集会月がでたでた輪ができた

 

猫がいて会話成り立つ老夫婦

 

猫ブーム漱石さんも苦笑い

 

耳を立て尻尾を巻いて聴くバッハ

 

内と外どちらを選ぶ猫暮らし

 

黒枠に収めたあとに猫帰る

 

気がつけばわが身と同じ猫の老い

 

猫さまは高額医療われもやし

 

白猫が黒板塀を越えてくる

 

老猫も誘いに負けて紐遊び

 

膝の猫いのち預けて夢のなか

 

猫語なら同時通訳任せてね

 

名を呼べは耳で答える塀の猫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

内と外どちらを択ぶ猫暮らし

Cimg0848_800x579

家猫として11年、一緒に暮らすミックもホースケももとは野良猫コトンの子ども。クロも同じ腹から生まれた兄弟なのだが、クロは外暮らしを択び、母親のコトンと寝食を共にしていた。親離れ子離れができていない親子だった。ところがここにきて異変が。クロが一日の半分を家で過ごすようになったのだ。人間が夕方1階で食事をしている間に2階の窓の網戸を開けて入り、エサ場で食事をした後、トイレを使い、3階のM姉の部屋で過ごすようになった。なぜそう決めたのかわからない。クロはコトンにいつもくっついている甘えん坊で、私はその黄色い声が気に入らないのだが、コトンからもういい加減にしなさい、と突き放されたのかもしれない。

コトンは母親なのにとても小さくてクロと並んでいるとクロがまるで親のように見える。コトンは優性遺伝を考えて、大きな茶虎を相手に決めたのかもしれない。もう十数年も人間にエサの面倒を見させながら、コトンはいまだに触らせない野良のなかの野良。でも近頃はさすがに目の前で、触ろうとすれば触れる位置で食事をするようになった。数年前の真夏の40日間、コトンは一度も姿を見せなかった。ついに死んだのかもしれないと、一度は黒枠写真になったコトン。よたよたながら食欲旺盛。立派に生きている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

練馬区立美術館の猫

美術館前庭の美術の森緑地にはクマ、ゾウ、キリン、ゴリラなどカラフルな動物彫刻が散在しています。そして、猫ちゃんも見つけました。

1459560406878_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

猫とさかな

Img001

猫飯はむかしご飯におかかでした。何十年か前、猫缶が出始めたころはご飯に缶詰を少し混ぜて食べさせたものでした。近ごろの猫は人間同様ぜいたくになってしまって…。魚を食べるにも頭や尻尾、骨もちゃんと残すのですから。でもこの猫ちゃんのようにきれいに魚を食べる人間が少なくなったのも確かですネ。KAZさんの新作。

けさは外猫のコトンとクロが人間の残り物、ブリの刺身をうまいうまい、と食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月28日 (木)

神保町「にゃんこ堂」に行ってきた

Cimg2113_800x600

猫好きの方ならとうにご存知ですよね。神保町交差点、姉川書店内に2年前にオープン。前から気になっていたけど、やっと行ってきました。あるはあるは猫本が。みんな欲しくなります。

私は50年近く前から(歳がばれるけど)猫本をコレクションしてきましたが、文学書や民俗学的な本が主で、猫ブームに乗ったカワイイ本がわんさか出始めた頃から、切りがないので買うのを止めました。でも岩合さんの写真集など、やっぱりいいですよね。マイコレクションの中で面白いのは『IL GATTO NELL’ ARTE』というルーブル美術館の名画の中の猫だけを集めた画集。表紙の受胎告知の場面にもちゃんと猫がいるんですよね。Cimg2116_653x800


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月18日 (月)

猫屋敷を訪ねて

つくばエクスプレスに乗って、噂に聞いていたミーちゃんちの猫を見に行ってきた。30数匹の内猫と外猫の面倒を見ている。猫のために別棟の猫ハウスを建てたのに、2階に母屋との渡り廊下を造ったため、母屋も至るところ猫に浸食されていた。立派な玄関は閉鎖、そこに猫トイレが4個5個と並んでいる。お客さんも出入りは勝手口から。夫婦それぞれの寝室にも猫がはびこっている気配。柱や壁はボロボロ。家の外側はというと、壁面に金網に囲まれた猫道が設置され、ベランダにも個猫用スペースが増殖していた。これらはすべてシルバー人材に登録している器用なヒデオさんが作る。恐れ入りました。

ミーちゃんは猫エサ代捻出のため、早朝のスーパーマーケットで働いているという。ナンタルチア! だ。 猫好きを自認する私でさえ、なぜここまで?と疑問をもたざるを得ない。しあわせな猫たちだが、人間、元気に動けるうちはいいけれど、先のことも少し考えておかないと…。同行のイッコは猫の匂いが苦手だから、と庭でコーヒーを飲んだ。

お昼はフラミンゴのいるレストランに行って、パエリアを食べた。おいしかった。

Cimg2068_800x599 Cimg2074_800x600 Cimg2078_800x600 Cimg2080_800x600 Cimg2069_800x562 Cimg2097_800x591

480x640

Cimg2084_800x600 Cimg2085_800x584














| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 9日 (土)

「CATART美術館」展を観る

Img005_543x800

ニャンとも愉しい絵ばかり。新年早々大いに笑ってきた。ミレーの「落ち穂拾い」は「またたび拾い」、「モナ・リザ」は「モニャ・リザ」。画家名もミャネ、ゴーニャン、ニャッホ、フェルネーコ、クニャムト、喜多川猫麿、猫田清輝…、ともじりまくって。アメリカで活躍する
SHU  YAMAMOTOの作品。私が特に気に入った一枚はニャルジュ・ド・ニャ・トゥール(ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの「いかさま師」。目つきがスゴイ。

Latourt1 Img005_800x552
 

Tさんからチケットを貰ったので、猫好きの友と見に行ったが、西武デパート7階催事場のチケット売り場は行列ができていた。猫人気は一向にすたれない。そして催事場には溢れんばかりの猫グッズ。結局いろいろ買ってしまい、姉たちにも観に行ったら、とメールしてしまったが。

 

最近、デパートは地下の食品売り場くらいしか行かないのだが、同フロアには織物や編物などの手づくりコーナーもあって、ものづくりの刺激を受けてきた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月16日 (水)

ホースケとミックの関係

コトン母さんの腹から生まれた兄妹だが、仲は良くない。寒い日などくっついて寝れば暖かいのに、と思っても決してそうはしない。♂のホースケは父親似でおしゃべりの甘えん坊。声をかけると返事をする。やや犬に近い。一方♀のミックは母親似で滅多に甘声など出さず、不満のときだけ声を上げる。自分勝手でまるで女猫。そのふたりがなんと押入れ上段の布団の上でわずかにだが接触して寝ていたのである。びっくり。たぶん先にホースケが場所をとり、そのあとでミックがお邪魔したかたちだろう。その逆はありえないから。もしミックが先ならホースケに「来るな」の強烈な拒否反応を示すだろうから。強いホースケは女はしょうがないなと引き下がるお人よしなのだ。猫社会の男と女の力関係も人間と同じようでおかしくなる。Cimg1493_800x599


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧