日記・コラム・つぶやき

2017年5月 4日 (木)

真紅の薔薇の花束が届いた

Img_20170504_074917
女性にとって、花を贈っていただくのは最高にうれしいものですね。それも真紅の薔薇。5月2日はお誕生日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

なぜ、おかあさん、なのか

外出先で2回も「おかあさん」と呼ばれ、びっくりした。私は結婚していないし、子どももいないので、「おかあさん」と呼ばれたことはない。たまに「奥さん」とは呼ばれるが。

病院に見舞いに行き、受付で記入していたら、「おかあさん、そこにあるマスクをしてくださいね」と男性職員に言われた。へぇ―、おかあさんなんだ、と思った。

帰り道、駅のエスカレーターで後ろから「おかあさん」と呼ばれた。えっ、またもわたしのことか? と振り返ると、「おかあさん、すてきな靴履いてますね」と知らないおじさんが言う。自分では気に入っていないスニーカーを履いていたのだけれど、「ありがとうございます」と返事をすると、「いい靴ですね、がんばってください」と。たぶんこのおじさんが欲しいと思っているスニーカーに近いものだったせいなのだろうし、がんばって、というのは白髪のおばさんがスニーカーを履いていたからだろう。

ところで、なぜ「おかあさん」なのか。女性を呼ぶのに「奥さん」「おばあさん」「おばさん」「おねえさん」などあるけど、日本にはひと言ですむ適当な呼び名がない。わが家にはコトンかあさん、と呼ばれる猫がいるが、コトンはれっきとしたおかあさんだから、矛盾はないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳶職という仕事

鳶職って、カッコいい仕事だなと昔から漠然と思っていた。その鳶職の人の話を聞く機会があった。多湖弘明さん、昔気質の江戸っ子職人という私の増殖したイメージとはずいぶんかけ離れた今風のカッコいい男性だった。

まず画面で見せていただいたのが、東京スカイツリーの完成時に記念撮影したという天辺の天辺に立つ多湖さんの姿。タワーや高層ビル上階の透明な床の上に立つとお尻がムズムズするけれど、この画像を観ただけでヒェーとムズムズ、ゾクゾクした。このスカイツリー建設には56万人がかかわり、鳶職も20万人いるうちの100人がかかわったそう。ハレのお仕事だったのですね。

工事現場は鳶職に始まり、鳶職に終わるといわれるそうで、足場の組み方や鳶の花形、鉄骨の建て方が、その鳶の腕の見せ所らしい。興味深い話を沢山お聞きしたが、安全管理が一番大切であると。1件の重大な事故には29件の軽微な事故があり、300件のヒヤリがあるというヒヤリハット。多湖さんも仲間を何人か工事現場で亡くしているという。上空での仕事は寒さが一番の敵。手が凍えても手袋はできない。冬は雪が成長する前に落とす必要があり、夜中に雪かきをしたそう。ニッカポッカがだぼだぼなのは動きやすい機能性と危険を介するセンサーの役割、そして風力計の役目もするという。なるほどなるほど。

多湖さんは考える人、そして実行の人だった。鳶の仕事を広く知ってもらうために、ネットで発信し、講演活動も盛んに行っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

春の色

散歩道に菜の花や河津桜が咲いていました。春ですね。ミモザの花も。イタリアでは38日がミモザの日。女性に感謝する日で、男性から女性にミモザをプレゼントします。この日、街中にはミモザの花束が溢れます。

Cimg2611

Cimg2615

Cimg2619

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

2016年11月フォトメモ

Img_20161126_111524

ホテルニューオータニ・ガーデンコート

Cimg2513

新御茶ノ水のソラシティ&ワテラスのマルシェに出店する岡村比都美さん

Img_20161125_115527

1124日、東京に初雪。翌日、銀杏の枯葉に残雪が。

Cimg2498

鹿児島のお土産 兵六餅のパッケージ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

風邪は病気というより治療行為

2週間ほど風邪が長引いた。私の場合はまず喉に来るので、喉がひりっとしたときに風邪を引くなと分かる。で、塩水でうがいをする。これで大丈夫と思っていたが、たまたま連日用事があって人ごみの中に出かけたために、ゆっくり休むことができず、軽い風邪症状が続いた。

風邪については、私の愛読書に野口晴哉(はるちか)(19111976)の『風邪の効用』(ちくま文庫)がある。時々読み返しているが、私は著者の考えにいたく賛同している一人だ。

「風邪は自然の健康法である。治すべきものではなく、経過するものである。自然な経過を乱しさえしなければ風邪を引いた後はあたかも蛇が脱皮をするように新鮮な体になる」と説く。つまり風邪は病気というよりも治療行為で、風邪が体の掃除になり、安全弁としての働きを持っている。だからちょくちょく細かく風邪を引くほうが体は丈夫なのだという。だから「風邪を繰り返せるうちは保証があるが、風邪を引かなくなるとバタッと倒れることが多い。脳溢血になった人の過去を丁寧に見ると、ある時期から風邪を引かなくなっている。必ずそういう時期がある。早く風邪を治そうとして熱を下げようとしたり、咳を止めようとしたりする中断法ばかり講じていると、風邪を治そうとしながら体がこわばり、治療しながら体が鈍くなるという逆効果になる」という。ある人にこの話をしたら、健康人には通用する話だけど……と。確かに風邪の経過にもいろいろあるので、自分の体の性質をよく知りぬいておく必要があるのは当然のことだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

猫年がある国

年賀状売り出しの時期になった。毎年、年賀状はもうやめよう、と思いつつ、儀礼的に続けている。さて、今期はどうするか。来年は縁のある酉年なので、これを一つの区切りとするのもよいかなと考えている。ところで、私は干支は何ですかと聞かれると、いつも猫年です、と澄まして答えていたけど、チベット、タイ、ベトナムにはうさぎ(卯年)の代わりに猫年が本当にあるんですってね。ブルガリアも寅年の代わりに猫年とか。びっくりです。この歳までまったく知りませんでした。

Picstmart15021203Picstmart15021202

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

2016年10月スマホフォトメモ

1477706524024
1477706491978
1477706509276_2
多摩湖へドライブ 水の妖精
Cimg2429_600x800
久里洋二さんのアトリエ 四谷シモンの人形 招き猫 お釜
Cimg2434_800x576
Cimg2433_800x574
Cimg2432_800x575

「通販生活」に彫刻家・島田紘一路のネコの作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

ハロウィンのかぼちゃ

ハロウィンのかぼちゃのお化けが街中に氾濫しているけれど、お祭りの意味は考えず、仮装に夢中なのが日本スタイル。例によって商魂に乗せられたイベントと化している。かぼちゃといえば、夢の島熱帯植物園のかぼちゃ、北海道大沼の政田農園のかぼちゃが楽しい。

Kimg0743_4

Cimg1430

Cimg0475_640x480

 

10月初め 朝6時

Kimg0752

六本木ヒルズ

1476011086567

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 7日 (水)

ルイ・ヴィトンのショーウインドウ

1472909365576

 

銀座並木通りのルイ・ヴィトンの店。さすが素敵。さっそくスマホの壁紙にして気に入っている。NASAが地球に似た惑星を発見したというニュースがあったけれど、惑星の大きさを比較する動画が面白い。https://www.youtube.com/watch?v=GoW8Tf7hTGA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧