旅行・地域

2017年7月26日 (水)

すみだ北斎美術館と両国散策

7月の江戸楽会。まずはすみだ北斎美術館へ。冨嶽三十六景、見応えがありました。画面構成の見事さ、北斎という人はやっぱり天才です。「山下白雨」の右下の線は雷で、この美術館のロゴマークはここから採ったものとか。

Img012

Img016

猛暑続きで散歩はどうか、と危惧したけれど、結構風があって、汗をかかずに済みました。ニシキさんがセッティングしてくださった散策コース。北斎の生誕地から角界の人が本場所前に参拝するという野見宿禰神社、横網町公園(東京都慰霊堂・東京都復興記念館)、旧安田庭園、回向院、本所松坂町公園(吉良邸跡) 芥川龍之介文学碑 勝海舟生誕地…と欲張って1万歩。そして最後は江戸NORENの「築地食堂・源ちゃん」で飲み放題。まずビール、の美味しかったこと。

関東大震災で多くの犠牲者を出した旧陸軍被服廠跡地(横網公園)と回向院は気にしていた場所なので、行けてよかった。写真や資料をもう一度じっくり見たいと思ってます。

Cimg2686

Cimg2687

Cimg2690

Cimg2691

Cimg2693

Cimg2694

Cimg2695

Cimg2698

Cimg2699 Cimg2701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

2017.6  森町赤井川、滞在アルバム

Img_20170613_163754

Img_20170611_083423

Img_20170611_080605

Img_20170611_080625

前半はお天気に恵まれず、雷にも見舞われたけど、どこも緑がたっぷり。ハルさんちで楽しんできました。11日はteteの会。カズさんやキミさん、ナオさんが顔をそろえ、そのほかにも何人かが出たり入ったり。 teteの会は2011311日の東日本大震災のあとすぐに活動を起こし、6年になります。私は生理用ナプキンにする布をカットするお手伝いを少々。ランチだけ食べにくる男性もいて、持ち寄りの食べ物はラザーニア、お稲荷さん、焼きサバ、炊き込みごはん、味噌汁などおいしいものばかり。デザートはマンゴーと最中。話題の中心は新函館北斗の駅近くになんとteteというカフェができたというので、元祖はこちら、と侃々諤々。teteの会の活動がもう少し知られていたら、同じ名の店ができることはなかったはず、それがショックという人も。まあ、なかよくやりましょうということに。

 

マーシャ先生のところにピザの作り方を習いにも行きました。14枚焼いて、5人でピザパーティ。生地を丸くのばすのがむずかしく歪んでしまったけど、手づくりはやっぱりおいしい!!  長靴を履いて畑でにんにくの芽を摘む作業をしたり、冬支度をするイッポさんの薪割りを眺めたり、ハル小屋でチェロとギターの演奏を聴いたり、温泉にも入って、素敵な暮らしをたくさん楽しませてもらいました。

1

2

1_2

Photo

2_2

Img_20170610_101225

3

Img_20170610_140859

Img_20170611_080537

Img_20170611_083946

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

倉賀野宿と上野三碑(こうずけさんぴ)を訪ねて

Photo

Photo_2

高崎を歩くのは初めて。江戸楽会のツキジさんが高崎在住の方なので、プランニングしてくださり、ジャンボタクシーで6人参加。午前と午後とそれぞれ地元の歴史に詳しい専門家がガイドしてくださる贅沢。まず倉賀野神社で宮司さんから飯玉縁起のお話を聞き、そのあと倉賀野河岸へ。ここは江戸時代、利根川水系最北の河岸として栄え、上州、信州、越後の米、煙草、麻、大豆などが江戸に運ばれ、江戸からは塩、呉服、茶、小間物などが倉賀野に運ばれたという。文化元年(1804)には戸数453軒、旅籠71軒、茶屋9軒、飯盛り女200人と繁盛。ただし明治17年に鉄道が開通したことで、急速に衰退したらしい。烏川の倉賀野河岸跡は、説明板が立っているだけで面影まるでなし。想像するしかない。

中山道と日光例幣使道の分岐点に立ってみた。道に迷わないように灯されたという常夜灯などを見学。

Img006

午後は多胡碑記念館で飛鳥・奈良時代に建てられた3つの石碑(山上碑・多胡碑・金井沢碑)について古代史を研究されているクマクラ教授から詳しく解説していただいた。碑に刻まれた字の資料をいただいた。多胡碑は711年、古代上野国(群馬県)に新たに多胡郡という郡を作ったことを記念して建てられた石碑で、日本三古碑のひとつに数えられているという。こんな古いものが高崎にあったとは知りませんでした。現在、ユネスコの「世界の記憶」の候補になっているとのこと。

江戸から古代までタイムスリップした歴史散策。歴史は面白い。小説はほとんど読まない、読むのはペーパーバックと歴史ものだけという男性がいたが、この歳になると、わかる気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

六義園、染井霊園、とげ抜き地蔵

Img_20170425_104147

小さい頃からこの周辺が縄張りだったというビヤジさんにご案内いただき、ヒメと3人で散策。桜の時はすごい人出だったという六義園も拍子抜けするほどの静けさ。あの枝垂れ桜もすっかり若葉となって、つつじの鮮やかな彩りとともに初夏の到来を感じさせます。染井霊園は初めて。ビヤジさんのお散歩コースのよう。岡倉天心、高村光太郎・智恵子、二葉亭四迷など著名人のお墓が並び、隣接の慈眼寺には芥川龍之介や谷崎潤一郎(分骨)、司馬江漢などのお墓もあって、墓マイラーをしてきました。それほど知られていないので、ことに桜の時期は穴場のようです。とげ抜き地蔵の高岩寺では洗い観音さまの頭に水をかけて、頭が少しはましになるよう願をかけ、おばあちゃんの原宿、巣鴨地蔵商店街では近江館で思わず乾物類などの買い物をしてしまいました。食事処も貸し切り状態でラッキーな一日でした。

Img_20170425_101808_2

Img_20170425_103558

Img_20170425_131356

Img_20170502_152724

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

4月10日の雪景色

20170410

新潟からの帰途、上越新幹線が長岡を過ぎ、トンネルを抜けた浦佐付近で思わず歓声が。山に残っている雪はずっと眺めていたけど、平地まで真っ白でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵出しのお宝

新潟五泉市出身の友エツコさんの実家は国指定の有形文化財に登録されていて、幕末期に沼津藩の庄屋を務めていたそう。つの蔵に眠る品々の整理をNPOの人たちに任せることになり、今回は古伊万里や什器類、浮世絵などが公開展示されるというので、学トモ仲間5人で出かけました。お宝類は門外不出ときびしく言われていたため、なんと180年間ぶりのご開帳とか。

その什器類を使ってのお昼の食事はNPOや近隣から集まった人たちと一緒にいただきました。地元の採り立ての材料を使った体にやさしい自然の味ばかり。敷地内の小川はトゲソの生息地で、絶滅の危機にあるため、NPO(五泉トゲソの会)がその自然保護活動を行っているそうです。

20170409_140832

20170409_124348

20170409_124124

エツコさんは17年前に実家の近くに古民家を購入して移築させ、東京と往復しながらいろいろイベントを行ったりしていますが、ここに泊めていただいたこともあります。もう4月9日というのに、冬に戻ったような寒さでびっくりでしたが、お庭の梅がちょうど見ごろでした。

20170409_121358

20170409_122403

20170409_122009

そのあと咲花温泉に1泊。翌日はジャンボタクシーで回ってもらい、日本一という将軍杉や水芭蕉の生息地に寄り、新潟市では旬鮮市場で新鮮な魚の握り寿司をたらふく食べて、満足でした。

20170410_101143

20170410_100712

20170410_105515

20170410_110027

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

豊川稲荷のお狐さん

ホテルニューオータニでランチの忘年会があった帰り、元赤坂の豊川稲荷に寄った。お狐さんがいっぱい。詳しいことは知らなかったが、豊川稲荷は正式名を「宗教法人豊川閣妙厳寺」。「稲荷」というと狐を祀った神社と思ってしまうが、ここで祀っているのは鎮守・豊川ダ枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)。仏法守護の善神。稲穂を荷い、白い狐に跨っていることから「豊川稲荷」が通称として広がったとのこと。パワースポットでもあるとか。

Img_20161126_143735

Img_20161126_143759

Img_20161126_143614

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋川渓谷を歩いてきた

武蔵五日市駅から瀬音の湯まで、約2時間半のウォーキング。秋川に沿ってしばらく歩き、ちょっと脇道を登って大銀杏の広徳寺に寄り、また戻って川沿いを歩く。誰ともなくお腹がすいたね、と川床ランチ。せせらぎの音、光る川面、おにぎりの美味しかったこと!! 石舟橋からの紅葉がいちばんの目的だったけど、そんなのどうでもいい感じ。珍しい植物を見つけては立ち止まり、農家の無人売処でゆずを買い、最後に到着した瀬音の湯では、温泉にも足湯にも漬からずに、売店でこんにゃくや唐辛子を買い、ベンチで餅菓子を食べ、復路はバスに乗って帰ってきた。学トモおばさん4人、みんな達者。広徳寺がよかったね、と。いいお散歩でした。

Cimg2514

Cimg2517

Cimg2523

Cimg2525

Cimg2524

Cimg2526

Cimg2527

Cimg2530

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

赤湯温泉に行ってきた

Cimg2493

Cimg2495

毎年11月は山形へ。去年は山形市内のホテルに泊まったが、今年は赤湯温泉へ。朝食の餅つきイベントで有名な瀧波に泊まった。朝、泊り客を一同に集め、餅つきにも参加させる。自家製のもち米を使った餅はお雑煮に始まり、納豆(これも自家製とか)、辛味(大根)、ずんだ、餡子、きなこなど、食べ放題。最後はお粥も。こんなにお餅を食べたのは何十年ぶりのことか。おいしくて、つい食べ過ぎてしまった。宿のご主人が先頭だって行う餅つき大会は連日のことで、これは体力的にも大変だなぁと。

Cimg2489

Cimg2482

Cimg2485

 

もう一つ感心したのは、夜の食事。旅館の食事というと普通は料理が目いっぱい所狭しと並べられるけれど、ここでは懐石コースのように一品ずつ運ばれ、ゆっくり味わうことができた。おいしかった。

Cimg2474

Cimg2476

Cimg2479

因みに赤湯の謂れは平安時代の後期に、源義家の弟の義綱が赤湯温泉を発見。戦いで負傷した侍達を温泉にいれたら、たちまち傷が治り、傷口から流れ出た血で温泉のお湯が真っ赤になったことに由来するという。ほんとかどうか、送迎バスの運転手さんが教えてくれた。湯は透明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

とちぎ秋まつり2016

2012年の秋祭りに初めて栃木に行って、町並みがすっかり気に入ってしまいました。川越と佐原と栃木が三小江戸と言われていますが、蔵のある町、生きている川のある風景はいいものです。山車行列には江戸時代、山王祭にでていたという静御前や日本武尊など。そしてメインは喜多川歌麿の肉筆画「深川の雪」「品川の月」「吉原の花」を複製ですが、観ることができました。本物はフランス、アメリカに渡り、「雪」は1939年に浮世絵収集家の長瀬武郎がパリから持ち帰り、その後行方不明となっていましたが、2012年に発見されて話題となりました。これは現在箱根の岡田美術館が所蔵。三作の筆致がかなり違い、時間差を感じます。のびのびと描かれた「雪」は歌麿最晩年の作とか。

よく歩きました。お昼はじょりんぼで歌麿雪月花弁当、天明年間創業の油伝(あぶでん)では里芋、こんにゃく、豆腐の田楽をいただき、お土産にお味噌を購入。江戸楽会小倉さんのご案内で、8名での散策でした。

Cimg2436

Cimg2441

Cimg2440

Cimg2434

Cimg2451

Cimg2447

Cimg2448

Cimg2443

Cimg2454

Cimg2455

Cimg2456Cimg2466

Cimg2460Cimg2463

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧