« スリランカの旅3 | トップページ | スリランカの旅5 »

2019年11月18日 (月)

スリランカの旅4

●ダンブッラ石窟寺院

2000年前に造られたという石窟寺院。歴代の王が増築していき、5つの石窟から構成されている。1991年に世界遺産に登録された。各寺院には釈迦の立像や座像、巨大な涅槃仏、そして天井や壁面はびっしりと壁画で埋め尽くされている。

1_20191118101201

6

5

4_20191118101001

 

3_20191118101101

Photo_20191118104701

 

●キャンディ仏歯寺

ダンブッラからキャンディに行く途中、スパイスガーデンとノリタケファクトリーへ。スパイスガーデンでは、日本語の巧みなイケメン青年から庭園にある多種の薬草の説明を受けたので、ショップではついつい多大な出費。腰痛などの痛め止め薬や静脈瘤のアーユルヴェーダ治療薬、シワ取りクリームなど。まぁ、お土産にいいかなと。

夕刻近く、キャンディのクイーンズホテルに到着。いかにも英国式の格調高いホテルだが、旧くてお湯も出なかった。夕方、劇場でキャナディアンダンスを鑑賞。太鼓の音がすごかった。アクロバットのような技も。最後は火の上を歩く火渡り。そのあと仏歯寺を拝観。ここも世界遺産。靴を脱ぎ、セキュリティチェックを受ける。インドから4世紀にもたらされた釈迦の歯が安置されている仏教徒の聖地。日に3回本堂の扉が開くというが、供花を手にした信者の行列が続いていた。

翌朝4時半ごろ外が騒々しくて目が覚める。窓からのぞくと着飾った像を先頭に仏歯寺に向かう隊列。もう寝ていられない。同室のスズさんと散歩に行くことにした。キャンディ湖のほとりを歩き、仏歯寺に入る途中、柵の向こうに先ほどの像たちが仕事を終えてなだらかな丘を登っていくのが見えた。街中では犬にほえられた。見慣れない人間が来たよと知らせているようだった。犬はスリランカの至る所で自由に動きまわっているのに出くわした。ノラではなく、ご飯をもらってきちんと仕事をしているということなのだろう。牛もサルもリスもアヒルもにわとりも自由だ。

2_20191118104401

5_20191118104401

3_20191118104501

4_20191118104501

    

 

|

« スリランカの旅3 | トップページ | スリランカの旅5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スリランカの旅3 | トップページ | スリランカの旅5 »