« 筑波実験植物園に行ってきた | トップページ | 火によって読まれた書物 »

2019年10月 5日 (土)

へいわとせんそう

先日、早朝のラジオ深夜便で谷川俊太郎さんのお話を聞いた。87歳のご高齢であるにもかかわらず、声も話し方も昔と変わらず若々しいことにまず驚いた。そして言葉の端々にさすが詩人だなと感心し、寝床でぼんやり聞き始めた私はすっかり目が覚めた。近ごろは忘れっぽいのでメモをとった。今年3月出版された絵本「へいわとせんそう」のことなど。谷川さんってすごい人だなと改めておもった朝だった。

・言葉には意味が付きまとう。いま、われわれは意味にがんじがらめになっている。その点音楽は言語以前ということで意味がないから心地よい。詩は言い足りない方がよい。

・体の衰えがはっきりしてきたが、歳をとったことの長所を考える。寛容になる、考えが深くなっている、本でも若い頃に読み過ごした部分が心に響くことがある。人生の味わいとして面白い。私自身が自然、自然に逆らわない。詩を書くのが今は一番楽しい。詩は草花のような存在。意味の世界で自分を成長させてきたが、歳をとると、意味よりも存在しているものが一番大切。属性よりも生きものとしての人柄が大事。存在をどこまで感じ取っているかが歳をとって分かってきた。

・絵本「へいわとせんそう」のタイトルはふつうは戦争と平和というけれど、それを活かして、平常は平和であるべきところに非常として戦争があるから平和と戦争にした。このタイトルのアイディアはよかったと思う。戦争の在り方が複雑になっている。平和にも奥に戦争が隠れている。隠している。

取り敢えず、図書館で「へいわとせんそう」を借りてきた。絵本は谷川さんの言葉もNoritakeさんのピクトグラムのような絵も、これ以上シンプルな表現があるかと思えるほどシンプルの極みなのに、深くて説得力がある。イメージが広がる。見開きで左右のページを対比させながら、へいわとボク、せんそうとボク、へいわのチチ、せんそうのチチ、へいわのハハ、せんそうのハハ、へいわのぎょうれつ、せんそうのぎょうれつ、へいわのくも、せんそうのくも、みかたのかお、てきのかお…etc. せんそうのくもだけは写真だった。この絵本、未来の大人にプレゼントしようと思う。

 

 

|

« 筑波実験植物園に行ってきた | トップページ | 火によって読まれた書物 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 筑波実験植物園に行ってきた | トップページ | 火によって読まれた書物 »