« 函館から札幌へ、そして島牧・江差へ | トップページ | スクランブル交差点 »

2019年6月25日 (火)

たぶろう展を観る

たぶろう展は洋画家の清水保さんが出品していて、毎年招待状をいただく。今年の作品はF100号の「カルナックへの道」と「アミアンの古い街」(写真)。しっかりと描き込まれてあって、見応えがあり、いつもながらのShimizu world。お隣のブースで国際墨画会展をやっていたので、そちらもちらりとのぞいた。やはり中国の作家は筆遣いが段違いにうまいなと感心。新国立美術館で。

Img_20190620_100520

|

« 函館から札幌へ、そして島牧・江差へ | トップページ | スクランブル交差点 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 函館から札幌へ、そして島牧・江差へ | トップページ | スクランブル交差点 »