« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月26日 (火)

春の彼岸慰霊祭

西信寺別院大泉霊園の慰霊祭に行ってきた。クロの初供養。安らかな眠りを祈ってきた。そしてここに眠るトント、ダイ、テン、2代目トントにも。
この数か月、ミックのことで頭がいっぱいで、痩せてきたクロの体調の変化に気づかずにいた。ある晩、クロがめずらしく私の枕元にやってきて、くっつこうとする。やめて、と足元に追いやって寝ていたら、明け方にドサッと音がした。クロがベッドから落ちたのだ。起き上がろうとするけど起き上がれない。これは非常時だと椅子に寝かせたら脱糞した。少し落ち着いたようなので、階下に降り、朝食の支度をして、戻ってみるともう冷たくなっていた。
珍しく私の枕元にやってきたのは最期のお別れだったのか。十分な愛情を注いてやらずにかわいそうなことをしたと猛省している。


0611kuro Img_20190321_112049 Img_20190321_111900

| | コメント (0)

クロの死とミックの歯肉炎

昨年1124日にクロが死んだ。半ノラだったが、母親のコトンを中に入れるようにしたら、クロも中にいることが多くなった。そのクロが突然死んだ。その死に悔いが残って、まだ書けないでいる。


ミックも去年の秋から口の中が痛くて食べたいのに食べられない状態が続いて医者通いをしているが、25日に手術、全身麻酔で奥歯を2本抜いた。獣医の先生がおっしゃるには、抜歯をしても周辺に痛みが残る可能性があるとのことだったが、少しでも食べられるようになればと手術をお願いした。高齢のせいか麻酔からなかなか醒めなかったという。術後の経過も芳しい状態とは思えず、手術を後悔したが、徐々に回復、1か月が過ぎて、ようやく元気に動き回るようになった。いまも1日おきにステロイド錠4分の1を飲み、定期的に抗生物質の注射をしているが、ほんとによかった。今日も通院、血液検査では糖尿病や腎臓病の数値に黄信号があると言われたが、まあ、人間並みに動物の世界も検査データの時代になったものだと思う。


 


Img_20190318_154531-2_1
Img_20190219_194836
Img_20190205_093121



 

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

三宅島ハイク

近年では2000年の雄山山頂噴火をはじめ、過去にたびたび噴火を繰り返している三宅島に行ってきた。江戸時代は流人の島でもあり、その史跡があちこちにある。島の周囲29.2キロメートルをひたすら歩く旅だった(2月22-24日)。
Img_20190223_091117
歩き始めて、まずネコがたくさんいた。
Img_20190223_103853
阿古地区の溶岩流の跡。小中学校は埋もれたまま。
Img_20190223_125754
1キロごとに標識があり、現在地を確かめることができる。立根地区の新澪池跡から歩き始めたので、標識とは逆方向。1日目、最後のところはバスに乗車。東京都なので、シルバーパスが使えた。
Img_20190223_135913
ビヤクシン。幹周7メートル、高さ26メートルの巨木。
Img_20190223_153505
2000年6月の火山活動で埋没した椎取神社の鳥居。
Img_20190223_152333
Img_20190223_160222
Img_20190223_160504
溶岩で出来たひょうたん山と三七山。
Img_20190224_103237
大路池。水蒸気爆発で形成された火口湖。村の貴重な水源。近くのアカコッコ館から天然記念物のアカコッコを観察することができた。三宅島は野鳥の楽園で、バードウォッチングに訪れる人が多いらしいが、その一人は二日待ったけどアカコッコを見られなかったと悔しがっていた。
Img_20190224_133621
錆ヶ島港。帰りはここから橘丸に乗った。行きは竹芝桟橋から条件付きの出航となり、早朝、伊ヶ谷港に入った。雨だった。すぐに宿に入り仮眠。朝食後歩き始めたのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »