« 超混雑の眼科 | トップページ | 殿ヶ谷戸庭園に行ってきた »

2018年12月 2日 (日)

2018 日展を観る

最終日に近かったせいか、国立新美術館の会場にはたくさんの人がいた。日本画と彫刻を中心に見た。グループで解説を聞きながらの鑑賞もあちこちにみられた。寒河江淳二さんの彫刻「たおやか」は大人しい作品だったが、相変わらず切れ味がよく、背部に表情があった。日本画では、土屋禮一、三輪晁久、加藤晋氏などの作品がお名前の記憶もあり、興味深く拝見した。

Dsc_0385

寒河江淳二「たおやか」

Dsc_0386

Dsc_0384

土屋禮一「光の景 海亀」

Dsc_0382

三輪晁久「幽韻」

Dsc_0378

加藤 晋「思い出せない忘れ物」

|

« 超混雑の眼科 | トップページ | 殿ヶ谷戸庭園に行ってきた »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/74702584

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 日展を観る:

« 超混雑の眼科 | トップページ | 殿ヶ谷戸庭園に行ってきた »