« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

「ペギー・グッゲンハイム アートに恋した大富豪」を観る

Img004_2

この映画は、ペギー・グッケンハイム(1898-1979)の生前に収録されたインタビューをもとに、その自由奔放な人生を追って構成したドキュメンタリー。20世紀の芸術家たち、デュシャン、ピカソ、ダリ、コクトー、ジャコメッティ、ミロ、エルンスト、ポロックらと交流し、支援したペギー。作品や写真でしか知らない彼らの貴重な映像を見ることが出来て、それだけでもよかった。晩年、ヴェネチアの大運河沿いに邸宅を構え、のちにグッケンハイムの美術館となったが、その映像を見て、30数年前に初めて訪ねた時のことを懐かしく思い出した。

20130720_053804


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

「ミリキタニの猫」《特別編》を観る

Img010

映画「ミリキタニの猫」はたしか10年ほど前に渋谷のユーロスペースで観た。タイトルに猫があり、猫の絵を描く画家のドキュメントらしいということで、これは観なければと思い観た。ニューヨークの路上で生活しながら絵を描くジミー・ツトム・ミリキタニ。9.11以後は、悪環境のため、猫の絵がきっかけで親しくなったこの映画の女性監督リンダのアパートに住むように勧められ、部屋の中でも絵を描き続ける。

 

ジミーは日系2世としてアメリカで生まれ、広島で育ち、再びアメリカの地を踏み、戦時中はツールレイクの日系人強制収容所で暮らした。戦争によって人生を左右されても、終始芸術家としての矜持を持ち続けた人。

 

今回特別編としているのは、新作短編「ミリキタニの記憶」との2本立てということで、新作短編ではジミーと交流のあった人たちの証言や広島の三力谷家のルーツなどを追っかけている。晩年は施設でミコという猫と暮らした。

 

上映会場は芝公園の「東京都人権プラザ」だった。無料。上映後は作家の星野智幸氏とミシュカの森主宰の入江杏氏、そして新作短編の監督で本編でも制作に関わった映画プロデューサーのマサ・ヨシオカ氏のトークがあった。50年以上、都民として暮らしているが、東京都人権プラザという存在を初めて知った。ここには人権に関する専門の図書室があり、講演や施設見学、映画会などの人権連続講座も開かれている。企画展示室では、ミリキタニの絵の展覧会が1117日まで開催されている。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年目のインプラント

インプラントにしている奥歯の1本が10日ほど前からぐらついていた。初めてのことだ。1年に数回の定期検診ではいつもきれいに保っていますね、と褒められていたから、急にどういうわけで? と。歯医者に行ったら、「インプラントに負けているせい」と言われて、その場で抜かれた。修整は利かず、新しいのを入れるしかないという。寝るときのナイトガードをたまにしか装着しないせいなのか。ドクターはきちんとした説明をしてくれなかった。

10年前に上の歯左右で8本、去年、下の歯を1本インプラントにした。保証書を見たら、骨内のインプラント本体は10年間完全無料保証、セラミック冠装着後は経年によって、治療費が5年以内は無料、56年以内は50%、・・・・910年以内は90%とある。ちょうど保証が切れたところだった。電化製品なども大体がもって10年というけれど、また欧州旅行1回分の出費である。まことに不快であるが仕方がない。

Img_20180922_214125_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

藤田嗣治展を観る

Img001

見応えがありました。フジタ(1886-1968)の展覧会は見ているほうだと思っていたが、初めて観る絵がたくさんあった。1910年代、パリに渡って間もなくの頃の雪の巴里風景などとてもよかった。30年代に中南米を旅して描いた民族衣装を纏った人々の水彩画も細密で技術の素晴らしさに圧倒された。乳白色の女体も猫ももちろんいい。没後50年の大回顧展。930分の開館と同時に入ったので、それほどの混雑ではなかったが、それにしても東京でのこの手の展覧会の人出は毎度のことながらすごい。東京都美術館で10月8日まで。


そのあと同館2階で開催されている全展へ。写真家のフジヒラさんがいつも招待状を送ってくださる。氏の作品はハスやランの花を幻想的に捉えていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

2018年8月フォトメモ





Dsc_0286_669x800

ホテル雅叙園でハワイアン・ディナー・ライブ

タケイさんのバンド、クールアイランダースのステージがあるというので、グループで出かけた。ディナーの後、2ステージ。夏はやっぱりハワイアンがいいですね。タケイさんはボーカルとMC。フラもあり、お話が楽しかった。


Dsc_0296_768x1024

 

湯島聖堂は1690(元禄3)年に徳川五代将軍によって創建された孔子廟。1797年には幕府直轄の昌平坂学問所が開設された。

Dsc_0302_768x1024

 

台湾から寄贈されたという孔子像。



Dsc_0306_960x1280

Dsc_0303_768x1024

 

神田明神の一角に銭形平次の碑があった。参拝のあと、天野屋で甘酒。酷暑の昼日中だったが、クーラーなし、店は開け放たれ、扇風機が回って、たくさんの風鈴が涼しげに響いていた。


Dsc_0275_600x800

東京国立博物館北側にある庭。春と秋に開放される。秋は10月23日から12月2日まで。


Dsc_0280

恵比寿ガーデンプレイスタワーの叙々苑からの眺め。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »