« 藤田嗣治展を観る | トップページ | 「ミリキタニの猫」《特別編》を観る »

2018年9月23日 (日)

10年目のインプラント

インプラントにしている奥歯の1本が10日ほど前からぐらついていた。初めてのことだ。1年に数回の定期検診ではいつもきれいに保っていますね、と褒められていたから、急にどういうわけで? と。歯医者に行ったら、「インプラントに負けているせい」と言われて、その場で抜かれた。修整は利かず、新しいのを入れるしかないという。寝るときのナイトガードをたまにしか装着しないせいなのか。ドクターはきちんとした説明をしてくれなかった。

10年前に上の歯左右で8本、去年、下の歯を1本インプラントにした。保証書を見たら、骨内のインプラント本体は10年間完全無料保証、セラミック冠装着後は経年によって、治療費が5年以内は無料、56年以内は50%、・・・・910年以内は90%とある。ちょうど保証が切れたところだった。電化製品なども大体がもって10年というけれど、また欧州旅行1回分の出費である。まことに不快であるが仕方がない。

Img_20180922_214125_2

|

« 藤田嗣治展を観る | トップページ | 「ミリキタニの猫」《特別編》を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/74257301

この記事へのトラックバック一覧です: 10年目のインプラント:

« 藤田嗣治展を観る | トップページ | 「ミリキタニの猫」《特別編》を観る »