« 「縄文―1万年の美の鼓動」展を観る | トップページ | 姚 小全さんの作品「佳日」 »

2018年8月 9日 (木)

木曜日の朝

歩くかそれとも自転車にするか悩んだ末、結局歩くことにした。毎週木曜日の朝飯会には始発のバスでも優に間に合うのだが、準備などがあって、最近は最寄り駅までの20数分を歩くことにしている。でもこの暑さ、いくら早朝とはいえ、電車で坐ると汗が噴きだしてしばらく止まらない。一度だけ自転車を利用したが、カンカン照りのなかを自転車に乗って帰るのも辛い。で、早めに家を出てゆっくり歩くことにした。

いつも道で会う高齢のおばさんがいる。前日の熱気が残る朝も、まだ暗い冬の朝も同じように歩いている。健康法なのだろう。駅の近くのケヤキ並木に入ると、急に涼しくなる。蝉の合唱が耳を覆う。今年は716日に初めて蝉の声を聴いた。その数日後には亡骸があちこちに。暑さのせいか蚊も今年は少ない。殺虫剤が売れなくて業者は困っているらしい。異常気象がいろんなことに影響している。

|

« 「縄文―1万年の美の鼓動」展を観る | トップページ | 姚 小全さんの作品「佳日」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/74004138

この記事へのトラックバック一覧です: 木曜日の朝:

« 「縄文―1万年の美の鼓動」展を観る | トップページ | 姚 小全さんの作品「佳日」 »