« 三陸海岸宮古から青森へ、海を渡って森へ | トップページ | 古い映画を3本観る »

2018年7月18日 (水)

2010年8月の猛暑日に

Photo

71416日の三連休は危険なレベルの暑さになる、と天気予報が盛んに注意を促していた。じっさい、すぐそこのポストまで葉書を出しに行くのもはばかられる暑さだった。そういえば、2010年の818日にこのブログを始めたのも暑さのせいだった。その前日の練馬の気温は38.2℃、日本一の暑さを記録した。不要な外出を避け、読書にも飽きてパソコンで遊んでいたらブログを作ることになった、猫の生活を中心に日記風に記録していこうと思う、と記している。

あれから8年になる。あいかわらず平々凡々とした暮しを続けているが、同じ屋根の下に暮らす人間どもは老いて体力の衰えが目に見えて明らかだし、猫どもも歳を取った。死んだ猫もいる。初回の写真(上)に登場したひも付き散歩をするトントさんは20113月、東日本大震災の数日後に脳梗塞で倒れ、6か月の闘病後に死んだ。ブログを振り返ることはほとんどないが、タイトルを追っていくと、いろんなことが思い出される。これから先、どんな暮らしが待ちうけているのか。地震もそうだし、西日本豪雨のような水害が年々多くなる気がする。11日を大切に、と暮らすしかない。

|

« 三陸海岸宮古から青森へ、海を渡って森へ | トップページ | 古い映画を3本観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/73881545

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年8月の猛暑日に:

« 三陸海岸宮古から青森へ、海を渡って森へ | トップページ | 古い映画を3本観る »