« 緑のなか | トップページ | 江戸東京博物館「大江戸展」 »

2018年4月25日 (水)

「生誕150年 横山大観展」を観る

チケットをいただいたので観た。特別な感想を持つ画家ではないが、かつて大観55歳の時に描いた水墨画「生々流転」(巻物・長さ40m)を観てすごいなとは思った。岡倉天心に空気感を表現できないかと問われて生み出したのが有名な朦朧体の技法。朦朧体の雨の表現などすごい。富士山をたくさん描いている。チラシによると、1500点を超える富士の絵を残しているという。ご飯をほとんど食べず、お酒ばかり飲んでいたという話を聞いたことがあり、豪放磊落な人というイメージがあるが、実際のところは知らない。

 

Img007

|

« 緑のなか | トップページ | 江戸東京博物館「大江戸展」 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/73370486

この記事へのトラックバック一覧です: 「生誕150年 横山大観展」を観る:

« 緑のなか | トップページ | 江戸東京博物館「大江戸展」 »