« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月20日 (火)

文豪とアルケミストのゲームにでてくる荷風

Img_20180216_205020
11月3日から始まった「永井荷風展」が2月18日で終わった。終わる数日前にもう一度行ってきた。展示品の一部入れ替えや断腸亭日乗の違うページや、同じものでも一度目とは違った目で見ることが出来て収穫があった。
驚いたのは、アニメのキャラクターのような3人の絵があったこと。真ん中が荷風、左が森鴎外、右が谷崎潤一郎だという。どんなゲームか私は全く知らないが、文豪をモチーフにしたキャラクターが登場するもので、謳い文句に「この世に転生した文豪たちが綴るもうひとつの文学譚」とある。史実にも基づいているから、いま女性に人気のゲームらしい。因みにネットでこのゲームの荷風のところを開いてみると、次のように書かれていた。
「エリートな雰囲気を漂わせた長髪の青年。若くして英仏へ外遊し欧米の文化に触れた経験からロマンチストなところも覗かせる。江戸文化の愛好者でもあり歌舞伎や落語を好む。最近は特に浮世絵がマイブームなようだ。基本的に礼儀正しい人物だが日課である日記には不平や愚痴が多く書かれているらしい。」
面白いものをつくるものですね。それを借りてきて展示するのもいかにも現代的というか、先にも書きましたが、展覧会も変わってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

横山近子展を観る

Img001

こだわりの墨を基調にした20数点の作品。すべてが「sign」というタイトルで、ナンバーがつけられている。横山さんはアルメニア、エストニアを旅したときに、小さな教会をたくさん見てまわったという。そのとき心に刻まれたイメージを表現したのが今回の作品群だった。柿渋や弁柄などを重ね、最後にワックスを使って画面に深み、奥行きをだしている。小品が中心だったが、好きな作品ばかりだった。歌舞伎座の近く、銀座煉瓦画廊で。

Img_20180210_095230

Img_20180204_145457

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テーブルウェア・フェスティバル2018 を観る

Img_20180205_203818

24日、東京ドームで。オープニング・セレモニー&内覧会のチケットをイチハラさんからいただいたので、オッちゃんと行ってきた。ちょうどセレモニーが終わる頃を見計らって行ったのだが、まだ続いていて、しばらく椅子席に座らされた。来賓として高円宮久子さま。テーブルウェアのいろいろは目の保養にはなるが、自分の生活とはあまりにかけ離れている別世界。展示販売コーナーで、何か役立つ生活雑貨はないかと眺めたが、どうしても欲しいというものもない。買ったのはキッチン用の小物と佐賀県のお菓子だけ。

Img_20180204_145609

Img_20180204_145938

Img_20180204_145535

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

色絵 Iro-e Japan CUTE ! 展を観る

焼き物の展覧会は最近あまり見ないのだが、オカさんからチケットをいただいたので行ってきた。驚いたのはタイトルにジャパン・キュートと入っていたこと。日本語の「カワイイ」がアニメのコスプレなどで一躍世界的に有名になったが、正統派 ? の展覧会もいかに現代にマッチした表現にするか工夫しているということだろう。会場内の解説もファッションとの関連などを追及していた。時代は変わったものである。

古九谷の深い緑、柿右衛門の鮮やかな紅と青、江戸時代の職人技のすばらしさを思う。尾形乾山の壺や入口近くにあった柿右衛門の色絵狛犬二対などは現代の作品といってもいいくらい斬新だった。出光美術館で325日まで。

Img001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »