« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月29日 (月)

寝る食べる出す 三角形の猫暮らし

コトン母さんをそっと撫でると、ビクッと体を震わせる。何しろ人間に触らせたことがないのだから、甘え方を知らない。媚びない。ご飯を要求したことがない。時間が来ると、人間が勝手にご飯を出すものと思っている。そんなコトンにとっての青天の霹靂、人間と同じ屋根の下での暮しがはじまった。

居場所は私の仕事机の下に置いた段ボール箱。2メートルほど離れたところにお食事処、そして一方にトイレ。これを線で結ぶとちょうど三角形の動線になるが、もう半月になるのに、この三角形の動線から外れたことがない。家の中を点検しようという気はないらしい。気持ちよさそうに寝ている姿を眺めていると、家に入れてよかったと思うのだが、当のコトンはどう思っているのだろう。快適な暮らしに不自由はつきものと観念しているのかもしれない。

Img_20180129_211619

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コトン母さん、ついに家の中に

Cimg0678_800x600

13年間、触ったことのない猫、触らせなかった猫、コトン母さんをついに家の中に入れることにした。大雪が降る数日前のことだった。外の猫ハウスで暮すコトンが風邪を引いたのか鼻水を垂らし、くしゅんくしゅんしていて一向に治る気配がない。朝晩湯たんぽを入れていたが、小さな湯たんぽではすぐに冷めてしまう。息子のクロがいるときは互いに暖め合っていられるが、クロが家の中にいることが多くなると、寒さに震えているのではないかと、気になって仕方がない。ついにコトンを家に入れる決心をしたのである。

意外にも移動作戦はすんなりと運び、コトンも暴れることなく、無事終了。以前用意したゲージもあったが、段ボールの中で落ち着き、外に出ようとするそぶりもない。これでまずはひと安心。ポポの怪我と重なって、あっちに目をやり、こっちを気にして、ミックやホウスケはへそを曲げるし、1月は大忙しだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消えたポポ 消えない雪

昨年の夏ごろから朝夕ご飯を食べに来るようになったオス猫がいる。ポポと名付けた。他の外猫と折り合いが悪いので、ポポだけ家の中で食べるようになり、少しずつ慣れて、2階の私の部屋のベッドでしばらく休憩していくようになった。そして首の太さなど並じゃないほど立派な体になった。

今年に入ってから、右の耳の下を怪我したようで、床やベットカバーに血痕がついていた。オス同士の喧嘩なのか。市販の軟膏を塗ってみたが23日しても出血が止まらない。マタタビで猫のキャリーケースに誘導し、なんとか病院に連れて行った。病院では頑丈な皮手袋のお姉さんに抑え込まれ、血で固まった周りの毛を剃りとられ、何針か縫ってもらって帰ってきた。とても薬を飲ませられる状態ではないので、2週間効くという抗生剤の注射をしてもらった。そして塗る止血剤をもらってきた。

その日はしばらく家の中で大人しくしていたが、夜どうしても外に出ると言ってきかない。獣医さんからはしばらくは家の中に、といわれたけれど、血も止まったようなので外に出した。翌日は夕方まで姿を見せず心配したが、ご飯を食べにきたのでホッとしたが、それっきりで姿を見せない。もう10日になる。

雪が降ってどうしているのだろう。病院体験がよほど怖かったのだろうか。それとも体力が付いたところで、彼女を求めて旅に出たのだろうか。それならいいが。

22日に降った雪は寒波の襲来で25日に48年ぶりの最低気温零下4度を記録し、もう1週間も雪景色のままだ。ポポは消え、雪は消えない。

Photo

Img_20180129_113532

Img_20180129_113637

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »