« 「熊谷守一 生きるよろこび」展を観る | トップページ | 消えたポポ 消えない雪 »

2017年12月28日 (木)

冬至かぼちゃと柚子湯 湯たんぽとチュール

21日の冬至に小豆かぼちゃを食べ、柚子湯に入りました。この冬は不思議なことにまだ風邪を引いていません。柚子湯にも入ったし、年内は大丈夫そう。
Img_20171223_091546
ところが外猫のコトンがかなり長期にわたってグズグスしているので心配。内猫は暖かいところでヌクヌクしているのに、頑固者のコトンは外の寒い猫ハウスで頑張っています。おかげで朝晩湯たんぽを入れる作業がふえて、エサづくり同様たいへんです。
エサといえば、スティック状のおやつ用チュールが流行っているようですね。うちの猫たちもみな夢中になってあっという間に食べて、カラになったお皿までしつこく舐めています。よほどおいしいらしいです。コトンにも風邪に玉子酒の感覚でついチュールをやってしまいます。でも人工的な気もするので、ちょっと心配なのですが。
 

|

« 「熊谷守一 生きるよろこび」展を観る | トップページ | 消えたポポ 消えない雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬至かぼちゃと柚子湯 湯たんぽとチュール:

« 「熊谷守一 生きるよろこび」展を観る | トップページ | 消えたポポ 消えない雪 »