« コーヒーを飲む夢  | トップページ | キューポラのある街 »

2017年11月 1日 (水)

旧田中家住宅での現代版画展

Img002_2

有形文化財に指定されている旧田中家(川口市)の建物が観たくて行ったのですが、10人の若手版画作家の作品がそれぞれ一部屋ずつ使って展示されていて、建物の良さを生かしつつ、作品がとても効果的に展示してあるのに、すっかり感心しました。この展覧会をプロデュースしたオクダさんにご案内いただきましたが、展示にまつわるご苦労の裏話も興味深いものがありました。

田中家は代々味噌醸造業で、この建物は大正12年に木造レンガ造りの3階建てが造られ、昭和9年に和館部分が増築されたそうです。細部まで神経の行き届いた内部の造りや調度品をみていると、当時の裕福な暮らしぶりが目に浮かぶようでした。JR川口駅からバス、と、ちょっと不便ですが、行った甲斐がありました。1118日まで。

Img_20171031_172454

Img_20171031_172915_2

Img_20171031_173020_2

Img_20171031_173139

Img_20171031_173216

Img_20171031_173259_2

Img_20171031_173055

|

« コーヒーを飲む夢  | トップページ | キューポラのある街 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/72110397

この記事へのトラックバック一覧です: 旧田中家住宅での現代版画展:

« コーヒーを飲む夢  | トップページ | キューポラのある街 »