« 土曜日の銀座 | トップページ | ブリューゲル「バベルの塔」展を観る »

2017年6月14日 (水)

おしゃべり猫とむっつり猫

どうしてこうも対照的なのでしょう。同じ腹から生まれた兄妹とはとても思えません。オスのホースケは猫には珍しく足長で、細く、足長おじさんと綽名されている。名を呼ぶとニャーニャーとうるさいほどよく返事をします。一方メスのミックの体形はデブデブのどっしり、いまや横坐りするとおっぱいも横に垂れ下がる有様。滅多に声も出しません。お腹が空けば、足元にすり寄るか、餌場の食器の前でひたすら無言で待つだけ。どうしてこうも対照的なのでしょう。同じ腹から生まれた兄妹とはとても思えません。

そういえば2匹のお父さん猫はおしゃべりで、面倒見のいいビックサイズ、コトン母さんはとても用心深くて、ほとんど声を出さない、スモールサイズ。コトン母さんは自分にない遺伝子をしっかりと選んだわけだけど、オスとメスでこうもはっきりと分かれるとは…
1454667948906

|

« 土曜日の銀座 | トップページ | ブリューゲル「バベルの塔」展を観る »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/70858539

この記事へのトラックバック一覧です: おしゃべり猫とむっつり猫:

« 土曜日の銀座 | トップページ | ブリューゲル「バベルの塔」展を観る »