« 2017市川・荷風忌 | トップページ | 「茶の湯のうつわ 和漢の世界」展を観る »

2017年5月14日 (日)

倉賀野宿と上野三碑(こうずけさんぴ)を訪ねて

Photo

Photo_2

高崎を歩くのは初めて。江戸楽会のツキジさんが高崎在住の方なので、プランニングしてくださり、ジャンボタクシーで6人参加。午前と午後とそれぞれ地元の歴史に詳しい専門家がガイドしてくださる贅沢。まず倉賀野神社で宮司さんから飯玉縁起のお話を聞き、そのあと倉賀野河岸へ。ここは江戸時代、利根川水系最北の河岸として栄え、上州、信州、越後の米、煙草、麻、大豆などが江戸に運ばれ、江戸からは塩、呉服、茶、小間物などが倉賀野に運ばれたという。文化元年(1804)には戸数453軒、旅籠71軒、茶屋9軒、飯盛り女200人と繁盛。ただし明治17年に鉄道が開通したことで、急速に衰退したらしい。烏川の倉賀野河岸跡は、説明板が立っているだけで面影まるでなし。想像するしかない。

中山道と日光例幣使道の分岐点に立ってみた。道に迷わないように灯されたという常夜灯などを見学。

Img006

午後は多胡碑記念館で飛鳥・奈良時代に建てられた3つの石碑(山上碑・多胡碑・金井沢碑)について古代史を研究されているクマクラ教授から詳しく解説していただいた。碑に刻まれた字の資料をいただいた。多胡碑は711年、古代上野国(群馬県)に新たに多胡郡という郡を作ったことを記念して建てられた石碑で、日本三古碑のひとつに数えられているという。こんな古いものが高崎にあったとは知りませんでした。現在、ユネスコの「世界の記憶」の候補になっているとのこと。

江戸から古代までタイムスリップした歴史散策。歴史は面白い。小説はほとんど読まない、読むのはペーパーバックと歴史ものだけという男性がいたが、この歳になると、わかる気がする。

|

« 2017市川・荷風忌 | トップページ | 「茶の湯のうつわ 和漢の世界」展を観る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/70559121

この記事へのトラックバック一覧です: 倉賀野宿と上野三碑(こうずけさんぴ)を訪ねて:

« 2017市川・荷風忌 | トップページ | 「茶の湯のうつわ 和漢の世界」展を観る »