« 真紅の薔薇の花束が届いた | トップページ | 倉賀野宿と上野三碑(こうずけさんぴ)を訪ねて »

2017年5月 4日 (木)

2017市川・荷風忌

53日、持田叙子さんの講演があるというので、これは是が非でも行かねば、と市川の市川市文学ミュージアムまで行ってきた。市川・荷風忌は去年に続き2回目。持田さんは「荷風の見つめた女性たち」のテーマで荷風文学に登場する女性たちを三本の系譜に分けてお話しくださった。①清らかな少女 ②自立心をもつ知的女性 ③都会で働くアソビの世界の女性。私は実在の人物についてを期待していたのだが、でも持田さんのお話はその女性像を独特の視点から分析してくださって、面白く拝聴した。とくに森鴎外に褒められたという文壇デビュー作の『地獄の花』、それ以前の「いちごの実」「夕せみ」「四畳半」など、純白のユリに象徴される少女への憧れを表現したという作品解説は持田さんらしい見方だし、うなずける話だった。

今年は荷風が断腸亭日乗を書き始めて100年目にあたるのを記念して、11月にこのミュージアムで「荷風の見つめた女性たち」という企画展が催されるという。なんでもこじつけますね。今回はそれに先駆けた講演会だったよう。

講演のあとは、昨年に引き続き、俳優座女優の長浜奈津子さんが、ひとり語り「ひかげの花」を演じた。語りはすばらしかったが、去年の三味線からアコーデオンに替えての演奏は、これはない方がよかった。それにしても朗読が流行ってますね。

Img003

去年、ミュージアムで求めたカタログ

|

« 真紅の薔薇の花束が届いた | トップページ | 倉賀野宿と上野三碑(こうずけさんぴ)を訪ねて »

荷風」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/70466703

この記事へのトラックバック一覧です: 2017市川・荷風忌:

« 真紅の薔薇の花束が届いた | トップページ | 倉賀野宿と上野三碑(こうずけさんぴ)を訪ねて »