« 4月10日の雪景色 | トップページ | 第47回日彫展 寒河江淳二さんの作品 »

2017年4月22日 (土)

上法奏ピアノリサイタル2017

Img001

4年ぶりの日本での公演。奏さんはその間にオーストリア人のピアニスト、ミヒャエル・ヴァインガルトマンさんと結婚され、お子さんも生まれた。昼と夜の公演があったが、昼の「Opus one , only one」のみ拝聴(夜の公演は夫妻による連弾)。レオシュ・ヤナーチェクのズデンカ変奏曲作品1、リヒャルト・シュトラウスのピアノソナタ作品5、そしてヨハネス・ブラームスのピアノソナタ作品1というプログラム。

私には馴染みのない曲ばかりで何も解らないのだけれど、奏さんの解説を読むと、今回のプログラム構成の意図が、小さな命を育む日々の驚きのなかから芽生えたものであることがよくわかって、聴くうえで大きな助けとなった。どれもが天空から木々に降り注ぐ春の光のような瑞々しさを感じた。そして奏さんの文章を読むと、ピアノはもちろんのことだが、文章家としても一流であることをいつもながら思うのである。ごく一部を紹介する。

「ブラームスのソナタ作品1が青春の金字塔で、シュトラウスが埋もれた宝石なら、このヤナーチェクの生涯の女性に捧げられた変奏曲は、麗らかな春の日に、どこからか肩にはらりと落ちた美しい花びらのような趣がある。」

「この瑞々しく燦然たる3つの作品に私は、今まで取り組んだどのピアノ曲にも感じることのなかった愛着を覚えている。若き日の天才たちの誰にも止められない創意のマグマと共に、確固とした自己を打ち立てるその雄姿を目の当たりにし、音にする度新たに胸打たれる。」413日、代々木上原のムジカーザで。

|

« 4月10日の雪景色 | トップページ | 第47回日彫展 寒河江淳二さんの作品 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上法奏ピアノリサイタル2017:

« 4月10日の雪景色 | トップページ | 第47回日彫展 寒河江淳二さんの作品 »