« 上野東照宮ぼたん苑へ | トップページ | 映画「人生 フルーツ」を観る »

2017年1月17日 (火)

ラスコー展、松林図、クラーナハ展を観る

Lascaux_painting

Cimg2541

113日、先日のリベンジでラスコー展へ。2万年前にフランス南西部に生きたクロマニョン人。彼らが描いた洞窟壁画を最新のテクノロジーで再現したもの。今日はビヤジさんもご一緒なので解説をしていただきながら。ラスコーの洞窟は1940年に犬と遊んでいた近くに住む子供たちが、犬が落っこちたことによって発見されたという。発見当時、世界中で大騒ぎになったらしい。その当時の新聞記事などの記録も展示されていた。クロマニョン人は芸術性が高かったと言われているが、鮮やかに描かれた多くの動物、そして動物の骨で作った道具類、繊細な針には驚いてしまった。糸を通して使うことで応用範囲が格段に広がったのだろう。そして毛皮をまとったクロマニョン人のリアルな模型などを眺めると、人間の歴史の過去から現在までの縁を想わざるを得ない。クロマニョン人は男女とも身長が高く、170180センチほどもあったよう。見終わって、なぜ人間を描かなかったのだろう、という疑問が残った。

お天気が良かったので、公園のレストランの燦々と陽が注ぐテラスでランチ。冬なのに外で食事ができる贅沢。そのあと、東博で特別公開の長谷川等伯の松林図をみて、そのあともいただいたチケットがあったので、西洋美術館でクラーナハ展を観た。この人の肖像画が好きだ。女性の裸体も官能的。久しぶりに西洋絵画を満喫した。同じ日に3つも展覧会を見て、さすがにくたびれたけれど、帰り道、都庁によってパスポートを受け取った。

 

Img003

|

« 上野東照宮ぼたん苑へ | トップページ | 映画「人生 フルーツ」を観る »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/69280352

この記事へのトラックバック一覧です: ラスコー展、松林図、クラーナハ展を観る:

« 上野東照宮ぼたん苑へ | トップページ | 映画「人生 フルーツ」を観る »