« フェレットの散歩 | トップページ | 2016 楜沢成明個展+α「雲と山と人と……」を観る »

2016年2月24日 (水)

林芙美子記念館

数寄屋造りの建物がいいわよ、と聞いていたので、一度訪ねてみたいと思っていた。物資の乏しい昭和16年に建てたとは思えない、隅々まで贅を凝らした家だった。ここ新宿区中井周辺は空襲で焼けなかったのですね。

Cimg2146_800x595_2

Cimg2140_800x600_3


Cimg2136_800x600_2

Cimg2138_800x600

 

林芙美子の小説は「放浪記」と「浮雲」くらいしか読んでいないけれど、森雅之、高峰秀子主演の映画「浮雲」は名画座で観た。こまつ座の芝居「太鼓たたいて笛ふいて」(2014.2)で林芙美子を演じた大竹しのぶがよかった。森光子のあのでんぐり返しの「放浪記」はテレビで観た。

むかし改造社編集部で林芙美子を担当していたという私の師匠は、林芙美子が書斎で執筆に疲れると机に片手を伸ばしてうつぶせになるクセがあったことを森光子さんに教えたら、そのしぐさが芝居に生かされていたという話を聞いたことがある。

 

画家であった夫緑敏のために造ったアトリエ(現展示室)には、画家になりたかったという林芙美子の描いた自画像が飾ってあった。Cimg2137


|

« フェレットの散歩 | トップページ | 2016 楜沢成明個展+α「雲と山と人と……」を観る »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/64117547

この記事へのトラックバック一覧です: 林芙美子記念館:

« フェレットの散歩 | トップページ | 2016 楜沢成明個展+α「雲と山と人と……」を観る »