« タブレットいじり回して夕餉かな | トップページ | 映画「FOUJITA」を観る »

2015年11月18日 (水)

木馬亭で「浅草21世紀」を観る

4回目ともなると、ただ笑うだけでなく、前と比べての評価も出てきて見る目も少し厳しくなる。今回はアドリブがナッテナイとか。それでも役者さん1人ひとりの個性がよくでていて面白い。座長の大上こうじとめだちけん一のコントフリーパーは流石ベテラン。おののこみちの唄もいい。木馬亭は懐かしい昭和の世界。

芝居のあとは水口食堂でのお笑いカップ大学。健康漫談のケンコウ奉仕さん(本業は医療ジャーナリスト)を先生に生徒は9名。銀座のクラブに爺さんが多いのはなぜ(銀座は、英語でシルバーシート)。靴下とかけて…人生と解く。そのこころは?(長い、短い、履かない=儚い)。など、次々に難問がだされて、頭の柔軟体操になりました。

Img006_561x800


|

« タブレットいじり回して夕餉かな | トップページ | 映画「FOUJITA」を観る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/62570251

この記事へのトラックバック一覧です: 木馬亭で「浅草21世紀」を観る:

« タブレットいじり回して夕餉かな | トップページ | 映画「FOUJITA」を観る »