« 直島・豊島アートの旅 4 | トップページ | ニキ・ド・サンファル展を観る »

2015年10月30日 (金)

小江戸「佐原」散策

江戸楽会の仲間7人と楽しんできた。東京駅から高速バスで約1時間20分。伊能忠敬の旧宅近くの忠敬橋で下車すると、まん前に天明2年創業の小堀屋本店という蕎麦屋があり、東京からちょっと離れただけで、まるで江戸にタイムスリップしたような風情。11時の開店にちょっと間があったが、混む前に昼食を済ませようと暖簾が掛けられると同時に入店、昆布入りの黒い蕎麦が有名らしいが、全員ふつうの天ぷらそばに。おいしかった。建物は千葉県の有形文化財になっているが、3.11の震災時には液状化でかなりの痛手を受けたという。

Cimg2040_800x600

小野川に沿ったこの一帯は栃木の町並ととてもよく似ている。どうりで川越、栃木、佐原の三市が小江戸として協定を組んでいるという。同行のオグラ先生はその仕掛け人。この川から利根川に出て、お米や味噌・醤油を江戸に運んだ。渡し舟に乗り、ボランティアのガイドさんの案内で山車会館、伊能忠敬旧宅、伊能忠敬記念館、そして特別公開の建物などをいくつか見た。最後は蔵元の見学と試飲など盛りだくさんのコース。

Cimg2023_800x600 Cimg2029_800x600

Cimg2041_800x600 Cimg2035_800x600

50歳を過ぎてから日本全国を測量して歩き、わが国最初の実測日本地図をつくった伊能忠敬という人はすごい人だとあらためて。井上ひさしの『四千万歩の男』を読んでみよう。

 

|

« 直島・豊島アートの旅 4 | トップページ | ニキ・ド・サンファル展を観る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/62280431

この記事へのトラックバック一覧です: 小江戸「佐原」散策:

« 直島・豊島アートの旅 4 | トップページ | ニキ・ド・サンファル展を観る »