« 「あえかなる部屋 内藤礼と、光たち」を観る | トップページ | ローマのストリート・アート »

2015年9月28日 (月)

老い方上手は、金持ちより、人持ち

『老い方上手』という本を読んだ。5人の女性がそれぞれの専門分野から語っている。樋口恵子「ビンボーばあさんにならないために」、大熊由紀子「認知症400万人時代、あなたは? パートナーは? ご両親は? 」、上野千鶴子「在宅ひとり死は可能か? 」、会田薫子「延命医療とは何か―肯定できる人生のために―」、井上治代「自分らしい葬送を選ぶ」。

なかでも私は上野千鶴子氏の「在宅ひとり死は可能か」に共鳴した。在宅で死ねる条件は①本人の強い意志 ②愛のある同居家族 ③地域に利用可能な介護・医療資源がある ④お金。家族がいない場合は24時間対応の在宅介護・看護・医療。終末期でも日に4回深夜も入れて6回来てもらえれば、寝たきりでも独居でいられる。在宅死の抵抗勢力はじつは家族。入所は家族の希望。本人の希望だとしてもそれは家族に配慮したもの。施設入りは家族の安心のためのサービス。末期の費用は月額50万×6か月。36万までは介護保険が使えるので、1割の3.6万+14万=17.6万円。トータルライフ(デス)マネジメント(親しい友人、親族、ケアマネジャー、介護士、看護師、医師、弁護士、税理士、成人後見人、葬儀業者)で情報を共有する。誰かが独占するとロクなことがない。金持ちより人持ちに。

私(上野)は最近、在宅死の条件は「本人の強い意志」と思わなくなった。病院や施設に行くことこそ、自分の生活が変わるので大決心が必要。在宅ひとり死に決断はいらない。キーワードはぐずぐずとだましだまし。

Cimg1999_800x579_2




|

« 「あえかなる部屋 内藤礼と、光たち」を観る | トップページ | ローマのストリート・アート »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/61805041

この記事へのトラックバック一覧です: 老い方上手は、金持ちより、人持ち:

« 「あえかなる部屋 内藤礼と、光たち」を観る | トップページ | ローマのストリート・アート »