« 清水哲男さんの『新・増殖する俳句歳時記』 | トップページ | 三谷一馬著『江戸 吉原図聚』を楽しむ »

2015年8月 9日 (日)

土曜日の午後

電車の中は浴衣姿の若い女性で溢れていた。そうか、今日は東京湾大華火祭か。カップルもいるけれど、ほとんどがひとりでスマホをいじっている。これから彼との待ち合わせなのだろう。銀座のホコ天はすごい人出、4丁目の三越地下の食品売り場も身動きできないほどの混雑ぶり。暑いのによくまあこの人出と思うが、昨日の記録的暑さ37.7℃に比べたら今日の34℃は涼しく感じられるくらいではある。ウインドゥ・ショッピングをしながらいつもの風月堂へ。カズさんと待ち合わせ。そしていつもの吉野へ。懐石のコース料理に舌鼓を打ち、おしゃべりを楽しんだ。料理は先付けのあと、前菜八寸は鯵黄身そぼろ、芋茎ゼリー雲丹のせ、穴子湯引き、豆腐、ちり酢、合鴨山椒煮、茗荷味噌焼き。椀盛は鱧と早松茸椀。煮物は身欠にしんと茄子、小芋、隠元、木の芽。そして造り、焼き物、天ぷらがあり、最後の冷し梅の乗った三輪太素麺のなんと美味しかったことか!!

 

江戸っ子カズさんとは四十数年来のお付き合いになるが、いつの頃からかこの銀座コースが定番となった。いつも奢っていただくばかり。たまにはと言っても決して払わせてくれない。おまけに今日はカズさんの作品、猫の絵までいただいてしまって……、果報者です。

外に出ると、ドカーンと地鳴りのような響き。雷かと思ったら、そうか花火かと納得。

|

« 清水哲男さんの『新・増殖する俳句歳時記』 | トップページ | 三谷一馬著『江戸 吉原図聚』を楽しむ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/61098459

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日の午後:

« 清水哲男さんの『新・増殖する俳句歳時記』 | トップページ | 三谷一馬著『江戸 吉原図聚』を楽しむ »