« こまつ座「小林一茶」を観る | トップページ | 大絵馬寺宝展と庭園拝観 そして木馬亭へ »

2015年4月17日 (金)

千野帽子『俳句いきなり入門』を読む

俳句に関する本をいくつか読んだなかで、この千野帽子さんの本が今の私にはいちばん面白く、なるほどと参考になった。いわゆる俳人ではない。前にもチラッと書いたが、この人の論「自分を表現したい人に俳句は向かない」をもう少し書くと、

「俳句は自分の言いたいことを言うものじゃない。このことを分っていないといくら技術論をやってもムダ」

「あなたの俳句の最大の敵はあなたの〈言いたいこと〉」

「俳句のルーツは連句というゲームだった。全部を言わず、相手に意味、解釈をゆだねる。残りの部分を作りたくなる俳句がいい俳句」。

 

「俳句は引き算で作る=主語・動詞・場所・感情・時間・理屈を省く」と結局のところは同じだと思う。モヤモヤしていた句づくりのコツを教えてもらったようで、スッキリした。Cimg1848_800x564


|

« こまつ座「小林一茶」を観る | トップページ | 大絵馬寺宝展と庭園拝観 そして木馬亭へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/59679212

この記事へのトラックバック一覧です: 千野帽子『俳句いきなり入門』を読む:

« こまつ座「小林一茶」を観る | トップページ | 大絵馬寺宝展と庭園拝観 そして木馬亭へ »