« 猫俳句 | トップページ | 小川千甕展を観る »

2015年4月 8日 (水)

「遠くて近い井上有一展」を観る

Img004_565x800


この人の名前は知っていたけれど、詳しいことは知らない。何かで「貧」という字を観て、すごいと思っていただけ。

チラシにある「必死三昧」の書はその解説によると、「三昧は辞書をみると、雑念を去って精神を集中すること、とある。念仏三昧、読書三昧などの熟語があるが、必死三昧と言ったのは有一だけだ。死に精神を集中するとは矛盾の感がある。」と。

宮澤賢治の詩の木炭書もおもしろかった。会場で映像を観たが、書そのものの人だった。同行のハルさんが焼き物作品の一輪挿し「一匹狼」がいいねと。それも書と同じ、ごつごつして強いけど、心根のやさしい作品だった。菊池寛実記念 智美術館で726日まで。

Img004_800x288_2




|

« 猫俳句 | トップページ | 小川千甕展を観る »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/59572977

この記事へのトラックバック一覧です: 「遠くて近い井上有一展」を観る:

« 猫俳句 | トップページ | 小川千甕展を観る »