« 気になる言葉「真逆」 | トップページ | 2015年荷風忌 »

2015年4月22日 (水)

佐々木博康さんのマイム

日本のマイム第一人者、佐々木博康さんが主宰する日本マイム研究所は田園都市線駒沢大学駅から近いところにあった。朗読とマイムのコラボによるアトリエ公演。2月に佐々木さんのお話と演技を朝飯会で拝見していたので、楽しみに出かけた。

朗読は池田郁子さんが太宰治の「リイズ」、斎藤由織さんが芥川龍之介の「地獄変」を。マイムは辻邦生の「紫陽花」、ガルシア・ロルカの「血の婚礼」を下敷きに。そして最後はガルシア・ロルカの詩「闘牛士メヒアスの負傷と死」を朗読とマイムで。これが圧巻でした。あとで伺ったところによると、この動きはほぼ即興に近いものとか。

朗読は言葉を聞いて想像の世界が広がり、マイムは逆に言葉のない肉体表現によって心の内面へと入って行く。わたしたちは言葉に頼り過ぎて生きているけれど、言葉では表現できないプリミティブな感性といったものをもう一度手に入れたいものと思いました。

 

マイム歴54年の佐々木氏さんはご自身を後期高齢者の新人とおっしゃったが、鍛え上げた肉体の美しさとその動きに見惚れました。マイムはたいてい囲われた舞台スペースで演じられるが、いつの日か宇宙とつながる大自然の中で演じて見たいとも。日出日没の海辺など素敵かもしれません。人間はちっぽけだけど、自然の一部として溶け込めれば最高かも。30人ほどの観客のほとんどが女性でした。

|

« 気になる言葉「真逆」 | トップページ | 2015年荷風忌 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/59733918

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木博康さんのマイム:

« 気になる言葉「真逆」 | トップページ | 2015年荷風忌 »