« 2015年・楜沢成明個展+α | トップページ | teteのおひなさま »

2015年2月23日 (月)

映画「グレートビューティー 追憶のローマ」と「郊遊 ピクニック」を観る

早稲田松竹で2本立て。前者は作品の出来よりも、ローマを見たい、イタリア語を聞きたい、の気持ちがまずあった。追憶のローマ、華麗な夜の世界がこの上なく美しく描き出される。ストーリーを追っても意味はない。しゃれた会話に酔わされるが、男のロマンティシズムが甘っちょろいか。

後者は台湾映画。ローマの華麗さとは対照的な世界。薄暗い雨と水と朽ちた壁の貧しい暮らし。ワンシーンの長回しがやたら多く、最後の場面などやり過ぎとは思うけれど、観終わったあとも、不思議と場面場面が鮮烈によみがえり、印象に残る映画だ。前者が人生の虚しさなら、後者には生きる力がある。小さな女の子がいい。両極端の映画だった。

|

« 2015年・楜沢成明個展+α | トップページ | teteのおひなさま »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/59034439

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「グレートビューティー 追憶のローマ」と「郊遊 ピクニック」を観る:

« 2015年・楜沢成明個展+α | トップページ | teteのおひなさま »