« 元禄逍遥 柴田長俊コラージュの世界 | トップページ | ネパール、ブータンの旅 3 »

2014年11月30日 (日)

ネパール、ブータンの旅 2

マイクロバスでカトマンズの市街観光へ。まずヒンズー教の寺院チャングーナラヤ。信仰篤い人たちがお参りをしている。拝観100ルピー。門前に土産物屋が並ぶ。ヤクの毛で織ったマフラー、曼荼羅絵、鋳物の仏具など。ヤギやアヒル、牛が自由散歩をしている。

Cimg1545_800x600Cimg1550_800x600


バスに戻り、次は古代都市バクタプル(世界遺産)へ。8世紀にさかのぼり15世紀から18世紀前半までの首都。駐車場近くの建物でまずトイレを借用。トイレの紙は流さずに備え付けのバケツに捨てる。入場前、なだらかな坂を登る途中、手作り品を売りつける人たちがしつこくついてくる。日本人と見て、センエン、センエンと。ポシェット10個千円。無視してると15個になり、終いには20個千円にまでダンピングしていく。いくら安くても必要ないものは買えない。

 

入場料1500ルピー。ダルバール広場を抜け、ダタタラヤ広場へ。細い路地に入り、最高傑作といわれる木彫のクジャクの窓を眺める。木とは思えない精巧な細工。寺院の柱や窓枠に見られる複雑なカービングの技術はすごい。

ここで仲間たちと逸れてしまうハプニング。町にはいくつかの広場があり、そこへ細い道がいくつも通じている。イタリアの広場つくりと似ている。さて、どの道を行くか。何人もの人に道を聞き、何とか無事に出発点に戻れて事なきを得たけれど、慌てましたネ。おかげでタウマディ広場のニャタボラの五重塔を見損なってしまった。残念。でもまた行く目的ができました!Cimg1555_800x597


|

« 元禄逍遥 柴田長俊コラージュの世界 | トップページ | ネパール、ブータンの旅 3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/58132916

この記事へのトラックバック一覧です: ネパール、ブータンの旅 2:

« 元禄逍遥 柴田長俊コラージュの世界 | トップページ | ネパール、ブータンの旅 3 »