« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月28日 (火)

ひさし語録

折々に読んだ井上ひさしの本、関連の本から気に入った言葉を抜き出して「ひさし語録」というファイルを作りパソコンに収蔵していた。ある時もうひとつ似たようなファイルがあることに気づき、ひとつに纏めようとしたのがいけなかった。二つを合体させたファイルがなんらかの理由で開けなくなってしまったのだ。ネットで検索して修復を試みたのだけれどダメ。私にとっては言葉のお宝なので、悔しくて、いつか開けるだろうとそのままにしてある。

 

ところで井上ひさしは「本は手が記憶する」という。手で書く書き抜き帳は原始的だが、究極の整理法であると。手で書くことを復活せねば。

 

先日、小田島雄志の『井上ひさしの劇ことば』を読んだ。そのなかに井上ひさしらしいせりふ。戯曲への思いがあった。「例えば公害ハンターイを舞台で訴えるだけなら、しろうとの演説会と同じことで、芝居の入場料をとるのは詐欺みたいなものだ。むろんぼくだって、公害も原爆も戦争もハンターイだけど、少なくともお金をとってみてもらうからには、お客の腹の皮がよじれるほど笑い転げるうちにめいめいが行動にたちあがる作品でなければ」。人を動かす言葉の力。言葉と死にもの狂いで戦ってきた人の思いが言いつくされていると思う。

 

ついでにもう一冊。こまつ座編の『井上ひさし「せりふ」集』から気に入ったせりふをいくつか。

 

世の中にモノを書くひとはたくさんいますね。

でも、そのたいていが、

手の先か、体のどこか一部分で描いている。

体だけはちゃんと大事にしまっておいて、

頭だけちょっと突っ込んで書く。

それではいけない。

体ぜんたいでぶつかっていかなきゃねえ。(組曲虐殺)

 

近々死ぬと分れば、

こんなにやさしくなれるのに。

不思議だもな、人間て……。(泣き虫なまいき石川啄木)

 

新しいもの、うつくしいもの、

すばらしいもの、

あらゆるものがゴミになる。

それが世界のありのままのすがた。

ただし、

だだひとつの例外は、時間じゃ。(決定版十一ぴきのネコ)

 

絶望するには、

いい人が多すぎる。

希望を持つには、

悪いやつが多すぎる。(組曲虐殺)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

コミホさんのカンテ

ハルさんと神保町のスペイン料理店「オーレオーレ」のフラメンコライブに行ってきました。コミホさんのカンテ(歌)を聴くのが目的。北海道のハル小屋とネイチャーインで聴く機会があったけれど、声が一段と凄味を増した感じで迫力がありました。

フラメンコのカンテは魂の歌というらしいけど、歌の内容は残念ながら分らないけど、たぶん恨み節というか哀しい身の上話を、腹の奥から絞り出している感じ。顔が全部口になっている。声帯がつぶれないかしらと心配になります。3人の踊り手もそれぞれに個性があって、ギタリスト渡辺イワオさんの演奏も華麗に響き、お店もスペインの居酒屋風で気取りがなく居心地のよい空間でした。1413354771132


 

じつはコミホさんはスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼の道をひとりで完歩したすごい女性です。その前にもジプシーの暮らしに潜り込んだことがあるとか。彼女を案内役に巡礼の道を歩きたいと目論んでいるのですが、最初の意気込みは何処へやら、800キロメートルの道程を歩く自信が日に日に失せてきて、どうも形だけになりそうな気配なのです。どうなりますか…。(20126月、星の旅人たち参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

teteの会 自由の森学園で布ナプキンを展示販売

10月11日(土)、埼玉県飯能市小岩井にある自由の森学園30周年記念イベントに行ってきました。自由の森という名前がぴったりのすばらしい環境。私は卒業生でも、保護者でもないけれど、ハルさんの3人のお子さんがみんなここの卒業生という関係で、イベントの出店にエントリーしたのだそう。函館からハルさんとキミさんとミネさんが大荷物でやってきました。その手伝いというか、野次馬というか。Cimg1518_800x600


Cimg1517_800x600

中学の教室の一室をお借りして、布ナプキンを展示。展示会はもう何度もやっているので飾りつけは手なれたもの。1階からは焼き鳥や豚汁のいいにおいが上っくる。ミネさんが大きなバナナを抱えてきた。エクアドルで日本人が作っているバナナだそう。熟していて甘い。まだ10時だというのに、あれも食べたいこれも食べたいと食い意地が張る。正面入り口付近で餅つきをしていたので、さっそくキミさんと買いに行く。途中いろんな部屋を覗きながら。在校生も卒業生も関係ない人もみんなとっても自由でのびのびしている。むかしからの知り合いみたいに愉しい。お昼は豚汁うどん、おやつに濃厚な豆乳チーズケーキを食べ、隣室から無料コーヒーを2回もいただいて…。Cimg1512_800x598_2


Cimg1524_800x600


teteの会は2011.3.11から始めたから布ナプキンは1枚311円。自森での布ナプキンへの関心、認識度は高かった。すでに使っています、という人もたくさんいた。母娘が一緒にナプキンを選んでる光景もよかった。

記念イベントのフィナーレを飾るライブにハルさんの息子ケイ君がでるので、グラウンドで場所取りして待つ。人がどんどん集まってくる。年寄組には帰りの混雑が大変、1曲聴いて引き上げることにした。若い人に交じって愉しい経験でした! Cimg1519_800x600


Cimg1521_800x600


Cimg1525_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

三浦幸子展「生命の樹」へのオマージュ

Img005_558x800


素敵な個展の案内状をいただきました。それには三浦さんご自身の言葉が添えてありました。「グスタフ・クリムトがストックレーフリーズ邸の食堂の装飾の原画として描いた『生命の樹』その作品群に大きく頭を揺さぶられその残照を追ってみました。クリムトの作品に囲まれ赤きワインを傾けながらの食事は人と食と壁画が一体となり正に生命を紡ぐ時が流れた事でありましょう。今回はその情景に思いを馳せながら『私の生命の樹』を書きました。」と。案内状の絵にはもちろん猫がいて、生命の樹には蝶々が舞っています。

 

かつて201012月のブログに私は「三浦さんの描く猫は精悍で野生的だけど、気品もぴか一。いまいちばん私が好きな気になる猫なのです。猫ちゃんなどと気軽に呼べないのです。そして三浦さん自身が細身なのに強靭でしなやか、しかも眼光の鋭さはまさしく猫なのです。」と書きました。今回の作品も楽しみです。みゆき画廊(中央区銀座6-4-4 銀座第二東芝ビル2階)で1013日(月)~1018日(土)まで。おすすめの個展です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »