« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月26日 (金)

荒川放水路を歩く

荷風の「放水路」を二度目は地図で確認しながら読んだが、この辺の地理に弱く、なかなか頭に入ってこない。荷風は大正3年に千住大橋をわたって長堤を2里ほど歩いている。それからしばらく間があって、昭和6~7年頃に足繁く荒川放水路を訪れ、11年に「放水路」を書いた。

「放水路の眺望が限りなくわたくしを喜ばせるのは、蘆荻(ろてき)と雑草と空との外、何物をも見ぬことである。殆ど人に遭わぬことである。…(略)…ここに杖を曳く時、わたくしは見る見る薄く消えて行く自分の影を見、一歩一歩風に吹き消される自分の跫音を聞くばかり。いかにも世の中から捨てられた成れの果てだというような心持になる。…(略)…自分から造出する果敢(はか)ない空想に身を打沈めたいためである。平生胸底に往来している感想に能(よ)く調和する風景を求めて、瞬間の慰藉にしたいためである。その何が故に、また何がためであるかは、問詰められても答えたくない。唯おりおり寂莫を追求して止まない一種の慾情を禁じ得ないのだというより外はない。」

 

川本三郎氏は『荷風好日』の「荒川放水路から荷風をしのぶ」のなかで、「荷風の文章を読むと、読者はたいていそこに描かれた風景を見に出かけたくなってしまうものなのだ。」と書くが、ほんとにそう。その川本氏の文章がまた荷風の風景を見たい気持ちを倍加させる。

そして同氏は「風景というものは人に見られることによってはじめて「風景」としての意味をもつ。見る人の視線、価値観によって「風景」として立ち上がる。それまでは、ただの川・川原であった風景が荷風という文人によって眺められ、言語化されることによって、はじめて価値のあるものになる。その意味で、荷風は荒川放水路という風景の発見者だった。」と書く。

 

浅草の木馬亭で「浅草21世紀」の芝居を観る日に、ちょっと足を延ばしてみようと決めた。京成電車の八広で下車、そこから荒川沿いを30分ほどさかのぼり堀切まで歩き、東武電車で浅草に戻ってきた。歩きはじめてすぐ、昼前の日照りの荒川は荷風の荒川ではなかったと後悔したが、初回は土地慣れのつもりで歩くことにした。堤から右手に幅広の川を眺めながら歩く自分の姿を想像していたが、実際は川幅は広いけど、その半分の河川敷は野球場やサッカー場などの運動広場に整備されていて川の気配は遠い。対岸には中央高速環状線が2階建てに見える。堤から下に降り、川面にいちばん近いところを歩く。柵と川面のあいだに背丈ほどに雑草木が生い茂っていて、そのところどころにけもの道らしき道。その先に目をやると決まってブルーテントが見える。木に洗濯物が干してあったりして生活がうかがえる。上野公園や隅田川の堤から追い立てられてきた人たちなのだろうか。

 

川本氏が放水路を歩き始めたのは1980年ごろという。上記の「荒川放水路から荷風をしのぶ」を書いたのが2000年。そこに書かれた風景さえ、もはや望みえないものになりつつあるが、荷風の見た風景、風や匂いを少しでも感じとりたい、と、しばらくは追っかけるつもり。1410915163326_800x568

1410915080661_800x567


1410915172206Img001_568x800






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

松茸の土瓶蒸しと松茸ごはん

初物好きのK兄がデパ地下で松茸を買うつもりだったけど、余りに高値なので買うのを止めたと帰ってきた。

 

その夜、銀座でKさんと約束していた食事にでかけたら、コースメニューに松茸の土瓶蒸しと松茸ごはんがあった。やはり秋の味覚ですね。料理は全部美味しかったけど、金目鯛の煮付けがとくにおいしかった。添えて煮込んである牛蒡も。デザートの水菓子はイチジクのコンポート。これも美味。おいしいものを食べられる幸せ。ごちそうさまでした。写真は鮑の柔らか煮。

お酒は芋焼酎の「尾鈴山 山ねこ」にした。なにしろ「ねこ」だから。「百年の孤独」を作っている酒造元らしい。味はフツウ?

 

土曜日、ホコ天の銀座は人であふれ賑やかでした。銀座三越地下の食品売り場は思うように歩けないほど。景気が良くなったのでしょうか? 1410681781996_1024x729_2


Img001_1024x533_4














| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

映画「イブ・サンローラン」を観る

パリオートクチュールの真髄を知らないので、イブ・サンローランと聞いても、日本でやたらに出回っているそのブランド名のロゴマークがついたハンカチやエプロンや口紅などがまず思い浮かび、安っぽいイメージさえもっていたが、本場での彼は天才的なすごい人だったのですね。美を生みだす喜びと苦悩、そして孤独。彼の才能を信じ、見守り、最後の最後まで支えた仕事上のパートナーであり、恋人だった男性の存在がどれほど大きなものだったか。そんな目線から描かれていました。男色がちょっと強調され過ぎかなと思いましたが。

それはそうとして時代を風靡したトップモードの数々、贅沢なインテリアなどを眺めているだけで充足感がありました。目の保養になりました。新宿武蔵野館で。雨天にもかかわらず、満席の人気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡村昭彦の写真「生きること死ぬことのすべて」展

ベトナム戦争などを撮ったカメラマン、と名前だけは知っていたが、まとめて写真を見るのは初めて。奇をてらった写真はない。その一枚一枚が時を超えて静かに語りかけてくる。1960年代半ば。その頃私は何をしていたか。東京オリンピックのあった1964年に私は東京に出てきて学生生活をはじめた。世界情勢に思いを馳せることもなく、のんきに暮らしていた。日本は経済成長を続けエコノミックアニマルと揶揄されていた。そんなとき、岡村は戦場で生きること死ぬことと向き合っていた。切り撮られた瞬間の前後にも思いは広がり、報道写真のもつ力をあらためて感じました。東京都写真美術館で923日まで。Img002_569x800


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

宮城まり子著『淳之介さんのこと』を読む

図書館で目にとまり借りてきた。吉行淳之介は仕事上の大先輩が贔屓にしていた作家で、私もその影響を受け、ほぼ全作品を揃えている唯一の作家である。だがあるときから関心が薄れ読まなくなって久しいのだが、最近荷風関連で『娼婦の部屋』を読み返したところだ。そんなこともあってこの本も目に入ったのかもしれない。

 

著者の宮城まり子は妻ある吉行と大恋愛をして一緒に暮し、吉行を看取った人。ねむの木学園の隣に吉行淳之介文学館まで作った。文学少女という表現は適切でないかもしれないが、彼女の瑞々しい文学性も含めた感性に吉行は惚れたのだと思う。本書は軽妙な表現でさすが読ませる。上手い。ただ、「まりちゃん」「淳ちゃん」と呼び合い、へぇー彼はこんな生活をしていたんだという興味はあっても、吉行さんがこれを読んだら果たしてどう思うだろうという考えがまず頭をかすめた。「まいったねー」か。

淳之介については、愛人的存在だった大塚英子が『「暗室」のなかで』を書き、妻の吉行文枝も沈黙を破って『淳之介の背中』を書いた。二冊ともずいぶん前に読んだが。ふーん、こういう回想記は出版社か誰かにそそのかされて書かされるのかもしれないが、そして作家研究には役立つのかもしれないが、やっぱり書かないほうがよいというのが私の個人的意見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

寒河江智果展「めぐる季節」

Img002_800x549

日本画家の寒河江智果(さがえ・ともか)さんの個展。うら若き女性をモデルに、いまの時代や風俗を意識して描いているのだが、描かれた女性たちには時代を超えた懐かしさのようなものが漂う。なぜだろう。みんな清楚でいい子すぎるのかもしれない。大きな作品も見てみたい。銀座のギャラリー・アートもりもとで913日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

醍醐イサム個展「空位気宇位」

自由美術協会会員の醍醐さんの個展歴はすごい。年に何回個展の案内状をいただくだろう。今回は小さなギャラリーでの小品ばかりだったが、墨、モノクロームの新しい可能性をまた切り拓いた意欲作と見た。よかった。銀座のギャラリーGKで。96日終了。

Img001_800x558_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こまつ座「兄おとうと」を観る

Img001_558x800大正年間に活躍、民主主義を唱えた政治学者・思想家で東大教授だった吉野作造の音楽評伝劇。初演は2003年。井上ひさしは仙台に住んだことがあり、宮城県出身の吉野作造は仙台二高の大先輩に当るという。吉野作造の弟の吉野信次は10歳年下で高級官僚から大臣になった。兄弟2人とも頭がよく、いずれも東大を首席で卒業。大正デモクラシーの担い手の作造は「政治は国民の考えに基づいて行われるべき、」と、民衆の立場から世の中をよくしていこうとの理想に燃え、一方有能な役人になった弟は上からの政策によって世の中をつくろうとする、思想が相反する立場。2人が会えば激論になる…。

理屈っぽい芝居を想像していたが、さすが井上ひさし。「国も一つのおにぎりに似ている。何を芯にして一つになるのか、そこが大切なんだ」と説く国家論など、井上ひさしが自戒とする「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをゆかいに、ゆかいなことをまじめにかくこと」その通りの芝居だった。因みに吉野作造の妻と弟信次の妻は実の姉妹だったのですね。笑いあり涙あり、歌も踊りもあって、井上ひさし戯曲の真骨頂。最近の役者さんは歌も踊りもたいしたものです。

そして「集団的自衛権」「解釈改憲」が云々される今、「いかなる場合も憲法は法律に優先する。憲法とは人々から国家に向って発せられた命令である」と、憲法の大切さを論じてきた井上ひさしの先見の明に瞠目。

井上ひさしの評伝劇にはほかに松尾芭蕉や小林一茶、樋口一葉、夏目漱石、小林多喜二、林芙美子などたくさんある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »