« 川本三郎著『荷風好日』を再読。そしてドナルド・キ―ン著『声の残り』 | トップページ | こまつ座「兄おとうと」を観る »

2014年8月25日 (月)

映画 「ローマ環状線 めぐりゆく人生たち」を観る

ヒューマントラストシネマ有楽町で観た。ここで私が観る映画は大抵空いているので第一回の上映にのんびり出かけたら、チケット売り場に行列ができていて慌てた。私の番で、残り座席3席。危うくセーフでした。

 

まったく音の入らないタイトルバックからはじまり、ローマ環状線を行き交う車のライトが映し出される。ローマを取り巻く大動脈、全長70kmの環状線GRA。その周辺に暮らす人々を丁寧に追っていくドキュメント。木の音を聴く植物学者や年老いた母親のいる救急隊員、ウナギ専門の漁師、新興の高層アパートに暮らす老人と娘、趣味の悪い豪邸? を撮影用に貸す商売の男、路上生活者、それぞれの暮らし。監督のジャンフランコ・ロッシは作家イタロ・カルヴィーノの『見えない都市』に触発されてこの映画を作ったというが、何の説明もないドキュメントは鑑賞者にイマジネーションを促す。それぞれの人生が環状線の車のライトのように連なり、そして環になっていく。

 

ローマはある程度知っているつもりだったけれど、郊外の風景、暮らしぶりを見たのは初めて。いわゆる観光客が抱くローマのイメージは微塵もなかった。ふと先日の浅草が思いだされた。誘われて木馬亭に行き、漫談や喜劇に大いに笑い、そのあと地元の人の馴染みの食堂に案内していただいたのだけれど、お店の人やお客さん同士のやり取りを垣間見ていると、下町のなんともいえない風情、息づかいが伝わってきて、これが浅草なんだ、とつくづく感心したものです。うれしくなりました。浅草が好きでずいぶん通っているけれど、観光客として訪れているかぎり窺い知れない浅草。ローマもそうなんですねぇ。

 

タイトルに「ローマ」が入る映画がいま他に2本。「グレートビューティー追憶のローマ」と「ローマの教室で」が公開されている。

|

« 川本三郎著『荷風好日』を再読。そしてドナルド・キ―ン著『声の残り』 | トップページ | こまつ座「兄おとうと」を観る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/57181516

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「ローマ環状線 めぐりゆく人生たち」を観る:

» 『ローマ環状線 めぐりゆく人生たち』 [Days of Books, Films ]
Sacro Gra(viewing film) ローマ郊外をめぐる環状線GRAは [続きを読む]

受信: 2014年8月25日 (月) 15時39分

« 川本三郎著『荷風好日』を再読。そしてドナルド・キ―ン著『声の残り』 | トップページ | こまつ座「兄おとうと」を観る »