« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月23日 (月)

函館、大沼公園滞在アルバム2014・6

20日間ほど北海道を楽しんできました。最初の1週間は関東顔負けの夏日のような日々、あとの2週間は連日曇りか雨模様の北海道らしくない天候でしたが、出先では傘を使うこともなく、日焼け止めクリームが不要でした。

1403264018950_21403264048063_31403505416674_2

 

今回は音楽に縁があって、ハル小屋では金子弘美さんの篠笛と直井智子さんの語りによる「緑陰の調べ」、島牧では恒例の森洋子さんのチェンバロによるアフタヌーンコンサート、函館では「はこだて国際民俗芸術祭オープニングライブ」を楽しみました。今年7年目のこの芸術祭は8月が本番なのですが、その前宣伝を兼ねたライブで、「ひのき屋」やハルさんのご子息のグループ「ショピン」などが参加。ショピンの最新アルバム「猫のいる音楽」にある曲がたくさん演奏されて、私も観客席からドラ声猫で参加しました。ヤッター !!

1403504409056_21403263898952_800x5561403504426366_800x6181403264090577_800x568

 

北海道ならではの美味しいもの、めずらしいものをたくさん食べました。思い出すまま書き留めると…「ネイチャーイン島牧」ではアスパラガス、焼きと茹での姫竹、ヒラメ、ホッキ貝、甘エビなどのお刺身、ニセアカシアやウドの天ぷら、はまなすのゼリーとジャム、甘酒豆乳アイスクリームなど。

島牧からの帰途立ち寄った八雲チーズ工房の素敵な佇まいが印象に残りました。ランチに入ったスイス料理「アルポン」の犬2匹のお出迎え、お見送りには恐れ入りました。

1403505493077_800x6171403263956889

島牧の朝市で仕入れた山わさびも初めて。擦って生醤油に漬けておくだけ。そのまま白いご飯や冷や奴、肉魚にも相性がよい。北海道の人は生姜の代わりに普段に使うらしい。海藻の「ぎんなん草」も磯の香りが濃く美味。

 

 

Colz」では小松菜のフィナンシェ、トラフグのカルパッチョ、山ぶどうの新芽フリット、トキシラズ、襟裳岬高橋牧場の牛など。「常寿司」ではちょうど真イカ解禁で初イカの刺身を。小さかった。回転寿司「函太郎」では生ホッケの寿司を初めて食べました。でもホッケは干物のほうがやっぱり美味しい。ここの中トロがグーッ。

1403505433726_800x535

 

お酒はふだん舐める程度なのだけれど、全国の銘酒が揃う「九条」では店主石川さんお薦めの「加賀鳶」「豊盃」を試飲。さらりとした味わいでスイスイ飲める。なんと! 盃ではなくコップを重ねてしまいました。

 

 

ハルさんちではお手製のベーコンやシフォンケーキ、カトマンズから帰国していたリョウコさんの本場ネパールカレー、オーガニック「niyol」のランチボックス。おいしいパンもたくさん。「こなひき小屋」、「三月の羊」、キミコさん、マーシャのパン…と。そして「六花亭」のケーキも。ダイエットは諦めざるを得ませんでした。

14032639388311403263921377





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »