« 早稲田演劇博物館に | トップページ | 「明治のこころ モースが見た庶民のくらし」展を観る »

2013年11月12日 (火)

文翔館から第四小学校へ

山形へ。中学時代のクラスメート数人と旧交を温めた翌日、いまは重要文化財に指定されている元県庁の「文翔館」を見学。子どもの頃毎日眺めていた風景、建物ですが、中に入るのは初めて。10年に及ぶ修復には在来の材料、工法で創建当時の姿を極力再現させたそうですが、その立派なのに驚きました。ボランティアの方が1階から3階まで丁寧に案内してくださいました。シンボルの時計は札幌の時計台の次に古いとか。今でも、5日に一度、80代の職人さんが手巻きにきているとのこと。花飾りの漆喰天井、寄木貼りの床、大理石の柱の豪華な講堂では、前日、斉藤茂吉文化賞の贈呈式が行われたそうです。

そのあと、小学3年生まで通った山形市立第四小学校まで行ってみました。同じ場所にありました。構内にある大きな銀杏の木が校歌にも歌われて学校のシンボルでしたが、えっ、これがあの銀杏の木と思えるほど、小さく感じられました。このグラウンドで、大人の自転車の三角乗りを練習、脛に傷をたくさんつくりました。Cimg1395_800x590Cimg1399_800x599
Cimg1400Cimg1401

|

« 早稲田演劇博物館に | トップページ | 「明治のこころ モースが見た庶民のくらし」展を観る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/53910873

この記事へのトラックバック一覧です: 文翔館から第四小学校へ:

« 早稲田演劇博物館に | トップページ | 「明治のこころ モースが見た庶民のくらし」展を観る »