« ミックが野草茶を飲んだ | トップページ | 早稲田演劇博物館に »

2013年11月12日 (火)

映画「パリ猫ディノの夜」「しわ」を観る

早稲田松竹でアニメ2本をハルさんと。目的は「しわ」でしたが、結果は「パリ猫」に軍配。よく出来ていて感心しました。日本のアニメとやはりセンスが違う。表現がオシャレ。昼と夜、ふたつの顔を持つディノ。昼は女の子のそばで可愛いペット。夜は大泥棒の相棒として大活躍。パリの屋根から屋根へ自由自在。美しい景観、しなやかなディノの動き。小気味良くて見惚れました。失語症の女の子が後半突然しゃべりだすところでは涙が。ストーリーはありきたりなのだけれど、構成もうまい。もう1本の「しわ」は老いを生きることを考えさせてもらって、もちろんよかったけれど、最初に「パリ猫」をみたせいか「しわ」は私の中では霞んでしまいました。「しわ」の原作パコ・ロカのマンガ『皺』は20111010日のブログで紹介しました。写真は映画館でもらった小冊子。Img005_571x800


|

« ミックが野草茶を飲んだ | トップページ | 早稲田演劇博物館に »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/53910766

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「パリ猫ディノの夜」「しわ」を観る:

« ミックが野草茶を飲んだ | トップページ | 早稲田演劇博物館に »