« 大野茂男著『荷風日記研究』を読む | トップページ | 「終わりから始まるものがたり 25の問いと100冊の本」展 »

2013年9月23日 (月)

清水保さんの絵画作品

大船の鎌倉芸術館で第29回の絵香会絵画展が開かれていますが(925日まで)、この絵香会で油彩、水彩、デッサンの3教室を指導されているのが清水さんです。造形作家、故・清水慰さんの夫君。同氏の作品の写真がいくつか手元に揃いましたので、ここにご紹介したいと思います。Cimg1395_1024x860_800x672
Cimg1394_1024x882_800x689

「金閣寺の幻想」は今年の「たぶろう展」で文部科学大臣賞を受賞した作品。今回の絵香会展に新作「教会の思い出」と並べて出品、東西の宗教建築を対比させているところが面白かったです。ともにP130号。

もうひとつの教会の絵はイタリア・アッシジの聖フランチェスコ教会(F20号)、そしてもう1点は「彼岸花の記憶」(F30号)。この2点は写真でしか拝見していないのですが、いずれも隅々まできちっと描かれていて、そのお人柄が窺えました。Img001
Img003_800x608

今回の絵香展には慰さんの墨絵作品も何点か展示されていましたが、その1枚が、「祈り」(P12号)。癒される絵でした。併せてご紹介いたします。Cimg1396_648x800

|

« 大野茂男著『荷風日記研究』を読む | トップページ | 「終わりから始まるものがたり 25の問いと100冊の本」展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/53360981

この記事へのトラックバック一覧です: 清水保さんの絵画作品:

« 大野茂男著『荷風日記研究』を読む | トップページ | 「終わりから始まるものがたり 25の問いと100冊の本」展 »