« 清水保さんの絵画作品 | トップページ | 神楽坂の猫店へ »

2013年9月29日 (日)

「終わりから始まるものがたり 25の問いと100冊の本」展

Img002_563x800_2この夏、全国各地で集中豪雨や竜巻に見舞われて、その都度「これまで経験したことのない」という言葉を耳にした。この自然災害は人間の身勝手から自然を操作した結果であり、地球の悲鳴のように私には思える。

そんなとき、日比谷図書文化館で表題の展覧会を観た。同展は日本科学未来館で昨年開かれた企画展「世界の終りのものがたり もはや逃れられない73の問い」を再構成したものだそうで、図書館司書が選んだ関連書が100冊紹介されていた。入り口でまずノートを渡され、25の問いに自分なりの答を書き込めるようになっている。ノートだけでなく、会場に置かれてあるコンピュータ画面に打ち込んだり、ポストイットに書いて張りつけたり、短冊に書いて木に結んだり、観客参加型の展示。「地球の終わりを想像したことがありますか」「どのような最期を望みますか」「あなたにとって永遠なものはなんですか」「人はなせ進歩しようとするのでしょう」など、即座には答えられない哲学的命題ばかり。参加した人の想いを、なるほど、そうかな? などと受けとめてきましたが、これからの日本は、世界は、地球は、宇宙は…と考えていくと、人間のサイクルの短かさ、儚さを思い、そのなかで人間は矛盾を抱えて生きている生き物であることをいまさらのように思いました。(日比谷図書文化館で1014日まで)


|

« 清水保さんの絵画作品 | トップページ | 神楽坂の猫店へ »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/53427792

この記事へのトラックバック一覧です: 「終わりから始まるものがたり 25の問いと100冊の本」展:

« 清水保さんの絵画作品 | トップページ | 神楽坂の猫店へ »