« 大井和郎ピアノリサイタル 5月17日松尾ホール | トップページ | ミックとホースケの近況 »

2013年5月27日 (月)

上法奏&ミヒャエル・ヴァインガルトマン ピアノデュオリサイタル

521日は目黒のパーシモンホール小ホールへ。ピアノデュオは初めて。前半が1台のピアノの四手連弾によるラフマニノフ(6つの小品)とドヴォルジャークのスラヴ舞曲。後半が2台のピアノによるモーツァルト(2台のピアノのためのソナタ)、ピアソラ(ル・グラン・タンゴ)、ラヴェル(ボレロ)。息のあった演奏が気持ちよかったです。今がふたりの最高のときのような。さもありなん。私は奏さんの父上を存じ上げているのですが、ケルン在住の奏さんが今年の正月に帰国された際、一緒に来日し、紹介された人がミヒャエルさんとのこと。曲目にもよるのでしょうが、今までにない力強い演奏でした。そして最後のボレロは圧巻でした。交互に弾くメロディーがしだいに高まっていって、頂点に達するあの高揚感。満員御礼。補助席がでていました。おふたりに乾杯!!Img003_567x800_2


 

|

« 大井和郎ピアノリサイタル 5月17日松尾ホール | トップページ | ミックとホースケの近況 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/51796175

この記事へのトラックバック一覧です: 上法奏&ミヒャエル・ヴァインガルトマン ピアノデュオリサイタル:

« 大井和郎ピアノリサイタル 5月17日松尾ホール | トップページ | ミックとホースケの近況 »