« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

中野京子著『怖い絵』シリーズを読む

いやぁー、知りませんでした。こんな面白い本があること。図書館で同氏の『名画の謎 旧約・新約聖書篇』を何気なく読み始めたらへぇーの連続。西洋の宗教画、歴史画は分らないと敬遠していたけれど、彼女の小気味よい文章でぐいぐいと導かれると、聖書をまともに読んでみたくなるし、西洋史を紐解いてみたくなります。同氏の専門はドイツ文学、西洋文化史。その裏付けがあるにしても絵を読み解く深さはどこからくるのでしょう。やわな美術評論家など到底かなわない感じ。

すっかりハマってしまって『怖い絵』シリーズを3冊。そしていま『「怖い絵」で人間を読む』を読み始めたところです。この本の冒頭で著者は「19世紀以前の絵は「見て感じる」より「読む」のが先だと思われる。一枚の絵には、その時代特有の常識や文化、長い歴史が絡み、注文主の思惑や画家の計算、さらに意図的に隠されたシンボルに満ち満ちています。現代の眼や感性だけではどうにもならない部分が多すぎるのです。」と。たしかですね。いま私たちは写真を見ると、そこに写っている人物や背景、モノから判断して思いを巡らすけれど、昔は絵がいまの写真の役割をしていたわけだし。知識なしで見ることのもったいなさを大いに感じさせられました。これからルーブルやプラド美術館に行くとなるとたいへんです。これまでさっと通り過ぎていた絵が俄然気になって、時間がいくらあっても足りない感じで。気づきませんでしたが、彼女は月刊「文藝春秋」にも現在「名画が語る西洋史」を連載しているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

「生誕120年 木村荘八」展を観る

今回の展覧会は永井荷風の新聞連載『濹東綺譚』に挿絵を描いた荘八の作品34点を観ることが主目的でした。そして大満足でした。荘八がいかにこの仕事に力を注ぎ集中したかが窺えたし、連載された当時(昭和12)の読者にどれほど熱狂的に迎えられたかも熱く伝わってくる作品群でした。ご本人は挿絵画家として人気を博しても油彩画家としての姿勢を最後まで貫いたようですが。油彩作品の中では妻をモデルにした「壺を持つ女」が圧倒的な力を持って迫ってくるいい作品でした。

この人のことはかなり詳しく知っているつもりでしたが、原画作品を観るのは初めて。私は20代の半ば、小唄と三味線を習っていたことがあります。そのお師匠さんが荘八の弟の荘十さんの奥さんの木村八重子さんでした。日中の稽古時間になかなか出向けなかったこと、おじさまおばさま族に馴染めなかったこともあり続きませんでしたが、今思うと残念なことをしました。東京ステーションギャラリーで519日まで。Img001_560x800 Img001_566x800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KITTEビル

生まれ変わった東京駅前の中央郵便局のビル。吹き抜けのスペースには福島の三春の枝垂れ桜を描いた千住博さんの「想い桜」のパネル。KITTEは「切手」と「来て」を引っ掛けての命名とか。渋谷のHIKARIEとか、ビル名に日本語をつけるのが近ごろの流行のよう。どこにも似たようなショッピング街が次々とできて、どうなのでしょうね。おのぼりさんをしてきました。Cimg1210_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇居半周して馬車に出会う

麹町から東京駅まで皇居の堀沿いに半周歩いた。お堀の周辺はもうあざやかな新緑。桜田門から皇居外苑に入り、左手に二重橋を眺めながら和田倉門のほうに歩いていると、警備の人に声をかけられた。もうすぐ馬車が通りますので、早めに通り過ぎてください。???  和田倉門のところで振り返ると前後を騎馬隊に守られた2台の馬車がやってきた。???  家に帰って「検索」したら、外国の新任大使が皇居への挨拶に出向く折、その送迎に明治生命館から宮殿まで自動車か馬車を選べるが、たいていの大使は馬車を選ぶためとのこと。その儀装馬車でした。煉瓦造りの東京駅方向に向かう馬車を眺めていたら、一瞬ながら鹿鳴館のような古き良き時代を連想しました。Cimg1199 Cimg1201_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »