« 手ぬいの布ナプキンが1000枚に | トップページ | 絵本『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』 »

2013年2月 6日 (水)

小倉紀蔵著『韓国ドラマ、愛の方程式』を読む

先日の朝飯会で「韓国の高校歴史教科書から考えたこと」というB氏の講演がありました。日韓の歴史認識の違いすぎにひたすら驚き、隣国についてあまりにも知らなすぎることを猛省した次第。そのB氏お薦めの本がこれ。著者は韓国への熱い思いが募って、会社をやめソウルに渡った経験をもつ人。この手のタイトルの本は自分からは決して手にすることはなかったでしょうが、韓流ブームになぞらえて韓国人のモノの考え方や生活習慣を身近なところで理解できる好著でした。猫についてのへぇーもありました。韓国人は圧倒的に猫嫌いが多いそうで、猫の自分勝手な振る舞いが嫌われる理由とか。初耳でした。Img001_572x800

|

« 手ぬいの布ナプキンが1000枚に | トップページ | 絵本『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/49218520

この記事へのトラックバック一覧です: 小倉紀蔵著『韓国ドラマ、愛の方程式』を読む:

« 手ぬいの布ナプキンが1000枚に | トップページ | 絵本『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』 »