« 浅見貴子展 | トップページ | 「木漏れ日の家で」を観る »

2012年9月 8日 (土)

平松洋子著『野蛮な読書』を読む

平松洋子さんの名前は知っていたけれど、まとめて読んだことはなかった。毎日新聞日曜版でおもしろいと思うようになった。『野蛮な読書』は文芸誌「すばる」の連載をまとめたものらしい。タイトルの「野蛮な」に惹かれたが、ご本人は夏の早朝散歩で広場のラジオ体操に紛れ込んだり、断食道場を体験したり、精神のとてもまっとうな御仁であることがうかがえる。宇能鴻一郎、獅子文六の話にへぇーと。そして気になる本がいっぱいでてきた。正岡子規『墨汁一滴』『仰臥漫録』、川端康成『一草一花』、田辺聖子『残花亭日暦』、荒川洋治『ラブシーンの言葉』などなど。本は本を連れてくる。たしかに。

|

« 浅見貴子展 | トップページ | 「木漏れ日の家で」を観る »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/46996974

この記事へのトラックバック一覧です: 平松洋子著『野蛮な読書』を読む:

« 浅見貴子展 | トップページ | 「木漏れ日の家で」を観る »