« 「木漏れ日の家で」を観る | トップページ | しどけない寝姿で失礼! »

2012年9月16日 (日)

第28回 絵香会絵画展

Cimg0912 絵香会(えこうかい)を主宰するのは清水保氏。一昨年亡くなった造形作家清水慰(やすえ)さんの夫君である。今回発表した同氏の油彩作品の1枚がF100号の「宇治の平等院」。気づかなかったのだけれど、建物の中央に慰さんの仮面作品が描き込まれているのを保氏がいたずらっぽく教えてくださった。宇治は慰さんの生まれ故郷であり、平等院は幼い頃遊んだ場所でもあることから、3回忌に当たる今年、思いを込めて描いたという。左隣には慰さんの墨彩画作品が掲げられてあった。会員18名ののびのびとした作品、力作、そして未来を担う子どもたちの作品が勢ぞろいした。大船の鎌倉芸術館ギャラリーで9月19日まで。Cimg0918_800x548

|

« 「木漏れ日の家で」を観る | トップページ | しどけない寝姿で失礼! »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/47096036

この記事へのトラックバック一覧です: 第28回 絵香会絵画展:

« 「木漏れ日の家で」を観る | トップページ | しどけない寝姿で失礼! »