« 久里洋二 大いに語る | トップページ | タヌキに出会った »

2012年8月 8日 (水)

牧野記念庭園記念館に行ってきた

Cimg0853_800x600_3 牧野富太郎生誕150年記念特別展「野菜の宴 牧野富太郎と江戸明治の植物画」が開かれています。牧野博士が蒐集した植物画コレクションのなかから1800年代に描かれた野菜図。細長い蕪や人参、めずらしい牛蒡などすべて初公開の作品とのこと。常設には博士の生涯(1862-1957)とその業績が展示されていました。ここは博士が関東大震災の後、1926年から晩年までを過ごした住居跡地で現在は練馬区が管理している。一隅には居住当時の書斎が再現されていました。高知に生まれ、幼いころから独学で植物学を極めたスゴイ人だったのですね。庭内の草木も解説付きで楽しめました。入場無料。西武池袋線大泉学園駅から歩5分。Img001_571x800

|

« 久里洋二 大いに語る | トップページ | タヌキに出会った »

自然・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/46623344

この記事へのトラックバック一覧です: 牧野記念庭園記念館に行ってきた:

« 久里洋二 大いに語る | トップページ | タヌキに出会った »