« しかべ間歇泉公園の足湯とビリンバウ演奏 | トップページ | 毎月11日は「tete」の日 »

2012年6月16日 (土)

裁判、初傍聴

Cimg0808_800x600_2 6月8日。滅多にない機会だから…とハルさんに誘われ、函館地方裁判所に行く。初体験。大間原発訴訟第6回口頭弁論。マグロで有名な下北半島の突端大間町に建設中の大間原発建設取りやめ訴訟の裁判。隣接の弁護士会館に原告、支援者などの関係者が次々と集まってくる。全員が法廷に入れるわけではない。まず裁判所入り口で整理券を受け取り、抽選を待つ。ハズレ。ハルさんアタリ。次に前以て入廷できる人で抽選に当たった人の券を内輪で抽選。それもハズレ。最後のチャンス。弁護士で欠席の人など2席に「初めての人」の条件で何とか入廷できた。人でビッシリ。1430分から16時まで。2分間の会場撮影が行われてスタート。今回は原告側の意見陳述のみ。丁々発止があったわけではないので、迫力はなかったけれど、よい経験にはなりました。それにしても裁判官ってもっと品格があると思っていたけれど…。見た目で判断してはいけないけれど…。

|

« しかべ間歇泉公園の足湯とビリンバウ演奏 | トップページ | 毎月11日は「tete」の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/45677518

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判、初傍聴:

« しかべ間歇泉公園の足湯とビリンバウ演奏 | トップページ | 毎月11日は「tete」の日 »