« 島牧 宵待コンサート | トップページ | 裁判、初傍聴 »

2012年6月16日 (土)

しかべ間歇泉公園の足湯とビリンバウ演奏

Cimg0813_800x599 鹿部名物?のジリ(海霧)に迎えられ、あいにくの寒さ。足湯に浸かり、噴きあげる間歇泉を眺めながら、旅の音楽家・丸山祐一郎さんのビリンバウの演奏を聴きました。ビリンバウはブラジルの民俗楽器だそう。一弦を巧みに操っての熱演でした。昼食後は丸山さん考案の水カンリンバ作りのワークショップに4人のおばさんで参加。空き缶4個で作る楽器です。自分ではまずまずの出来ばえと満足でしたが、10個くらい作ればいい音がでますよと。水音、缶の響きがこころを癒してくれます。そのあとハルさんちで見せてもらったレインツリーというサボテンの木を利用した民俗楽器の音色の素敵だったこと。惚れてしまいました。

|

« 島牧 宵待コンサート | トップページ | 裁判、初傍聴 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/45675501

この記事へのトラックバック一覧です: しかべ間歇泉公園の足湯とビリンバウ演奏:

« 島牧 宵待コンサート | トップページ | 裁判、初傍聴 »