« はこだて国際民族芸術祭 | トップページ | 浮世絵 猫百景 »

2012年6月18日 (月)

「星の旅人たち」を観る

サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅を考えている。といってもまだ漠然としたイメージなのだが。そのイメージが映像で具現化されて、ストーリーよりも出合う景色、重いリュックを背負って歩く姿、辿りついた町々の建物や宿の様子などに目を奪われた。116キロ(4時間)歩くとして1カ月で480キロ。連日、しかも重いリュックを背負ってとなると果たしてつづくだろうか。ちょっと自信をなくしている。そしてキリスト教信者でないのにこの道を歩く意味は、と。でもやっぱり歩いてみたい。ひたすら歩くだけでいい。Img003_567x800

|

« はこだて国際民族芸術祭 | トップページ | 浮世絵 猫百景 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/45704473

この記事へのトラックバック一覧です: 「星の旅人たち」を観る:

» 巡礼の旅 [笑う社会人の生活]
映画「星の旅人たち」を鑑賞しました。 ひとり旅をしている息子ダニエルがピレネー山脈で亡くなったという知らせを受ける 父トムは息子の遺志を継ぎ キリスト教巡礼地サンティアゴ・デ・コンポステーラへ 巡礼の旅に出ることにする。 まさに旅映画、ロードムービー! 歩...... [続きを読む]

受信: 2012年6月19日 (火) 19時38分

« はこだて国際民族芸術祭 | トップページ | 浮世絵 猫百景 »