« 「星の旅人たち」を観る | トップページ | 茅の輪くぐり »

2012年6月23日 (土)

浮世絵 猫百景

原宿の浮世絵太田記念美術館で歌川国芳一門のネコづくしを堪能してきた。その日は「混雑のため、スリッパに履き替えず靴のままでどうぞ」の張り紙。やはりネコ人気はすごいです。前期・後期の展示を合わせてどなたが数えたのか、絵の中に2321匹のネコが登場するらしい。可愛いというより不気味、不細工なネコが多い。我が家のネコも、そうだ江戸猫と呼ぶにふさわしいと発見。国芳のネコ表現の見事なこと。心からネコ好きだったことが分かります。山東京伝作、国芳絵の「朧月猫の草紙」は現代の人気漫画シリーズのようなもの。ネコは江戸の庶民生活に溶け込んだ存在だったのですね。726日まで。Img003_584x800_2

|

« 「星の旅人たち」を観る | トップページ | 茅の輪くぐり »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1402746/45791713

この記事へのトラックバック一覧です: 浮世絵 猫百景:

« 「星の旅人たち」を観る | トップページ | 茅の輪くぐり »